全天候で乗れるネクセンタイヤのオールシーズンタイヤ

トヨタグループの総合商社・豊田通商と、韓国・ネクセンタイヤコーポレーションが2016年11月に設立した合弁会社・ネクセンタイヤジャパンが、新たなオールシーズンタイヤ「ネクセンNブルー4シーズン」を日本に導入。9月1日に発売する。

トレッドにはV字状の回転方向指定パターン「V-Typeグルーブ」を採用し、排水・排雪性能をアップ。センター部のブロックには「サマーサイプ」、ショルダー部のブロックには「3Dウィンターサイプ」を入れることでブロック剛性のバランスを取り、雪道でのトラクションとコーナリング性能、ドライ・ウエット舗装路でのグリップを高次元で両立させた。また、路面を問わず安定したグリップを発揮するよう、接地面を均一化させている。

なお、「ネクセンNブルー4シーズン」のサイドウォールには、泥道などのオフロードだけでなく雪道にも利用可能であることを表示する「M+Sマーク」に加え、欧州の標準化規格設定機関であるASTMの公式試験において、厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮することが認められた証である「スノーフレークマーク」が刻印されている。また、欧州「オートナビゲーター」誌の性能テストで「リコメンダブル(お薦め)」の評価を得ている。

価格はオープンプライス。