商用車でもカスタムする楽しさを提案したい!

 ダイハツは、2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、スポーツ/プレミアム/アクティブという3つのカテゴリーから9台のコンセプトカーを出展する予定だ。軽自動車から小型車までのバリエーション豊かなラインアップでそれぞれの世界観を表現しつつ、ダイハツのDNAを感じられるブースとしている。

 スポーツからは、「シャレード・デトマソ」や「ミラTR-XX」など、往年のダイハツホットハッチたちが目指してきた鋭い出で立ちと上質感を表現。赤×黒のボディカラーにゴールドのアルミホイールで、力強いイメージのスポーツテイストを演出している。展示車両はブーンシルク/トールカスタム/ミライースの3台を予定しており、「ブーン・スポルトパッケージ」に装着しているアクセサリーパッケージは、2018年1月12日に発売が予定されている。

 プレミアムは、ふんだんにメッキパーツを使いつつ、エアロパーツも装着することでゴージャスかつ迫力あるビジュアルに仕立てた。パールホワイトのボディとメッキのクールなカラーコーディネートによって、お洒落なカスタムスタイルとなっている。展示車両は、トール/ムーヴキャンバス/タントカスタムの3台。

 アクティブは。日常生活や仕事での使い勝手や機能性はそのままに、海、山、川などのレジャーシーンをアクティブに遊べるというコンセプト。ホイールアーチカバーを装着するなど、ワイルドなテイストを与えている。また「ハイゼットカーゴ・デッキバンアクティブバージョン」は、釣具ブランド「ツララ」とのコラボレーションによる、海の生き物などを表現したアングラー仕様で個性な仕様になっている。展示車両は、ブーン/ハイゼットトラック/ハイゼットカーゴ・デッキバンだ。

 気になるカテゴリーからお気に入りの1台を見つけたり、今までとは違うカスタムに興味を持ってみたりと、ダイハツブースで新たなクルマへの発見を体験してみてほしい。