歩行者であっても油断はできない!

 クルマはいつ飛び出してくるかわからないし、カミカゼ自転車にスマホ歩き。路上での意識が薄くなってきている時代ではなかろうか。いろいろと問題点はあるだろうし、それをいちいち取り上げて説教するつもりはないが、日々クルマを運転していて、最低限でもこれだけは守ってほしい! これだけはやったほうが身のためだぞ! と思うものを紹介したい。

1)左右を見てくれ!

 これはクルマも自転車も人もすべて。見ないで飛び出てくるのはどれほど危険か。自分だけはと思っているのか、それとも相手が避けてくれると思っているのか。はたまた来ないだろうと勝手に思っているのかわからないが、自転車の事故などを見るにつけ、脇から出るときなどは左右だけは確認してほしい。

 また歩行者も、なにが飛び込んでくるのか分からない時代だ。信号が青になって横断歩道を渡るときも、つねにきょろきょろしろとは言わないが、左右を見てから渡るようにするだけでリスクは減らせるハズ。

2)クルマも交差点通過時は左右を見る!

 路地などの細いところは徐行したほうがいいが、杓子定規に、流れができているときの交差点通過時まで徐行しろとは言わない。でも少し左右を見るだけでも、横から飛び込んでくるクルマやバイク、自転車を発見できるし、対応もできる。また信号が青になって発進するときも左右を見てから出るだけでも、赤信号ぶっちぎりで飛び込んでくるクルマなどを発見しやすくなる。

信号が赤になっても飛び込んでくるクルマが増加傾向

3)赤信号で交差点内に飛び込むな!

 その昔はトラックばかりが走る深夜の国道や、マナーの悪いタクシーなど一部でしか見かけなかったのが、いまや全国的に信号が赤になっても飛び込んでくるクルマが珍しくなくなった。それもぎりぎりで止まるよりはそのまま行ったほうが安全などといった微妙なときならまだいいが、確実に赤なのに入ってくるクルマが多い。

 すでに矢印信号が出て右折が始まっているのに、そこに突っ込んでくるのも珍しくない。法律的にも信号無視の罰則は重く、事故が起きた際は青信号での同じ状況と比較しても大きな過失となるのであしからず。

4)クルマも自転車も歩行者も動きながらのスマホいじりはダメ!

 ダメなのはわかっているだろうが、やっている人は非常に多い。クルマはわかりづらいかもしれないが、高速道路で不自然に遅いクルマやふらふらしているのは見ている確率は高いし、渋滞にはまって停止したときに横のクルマを見てみると、けっこういじっている。

 また音楽を聞くのも、自転車やバイクではグレーゾンだが、周囲の音が聞こえる状態ならいいとされている。両耳だと怪しい気がするが……。

5)赤ちゃんを抱いて自転車はダメ!

 最後にクルマではないが、運転しているとよく見かける自転車の乗り方を紹介しよう。それが赤ちゃんを前に抱っこしての運転。これ自体が違反で、おんぶは大丈夫なのだが、前に赤ちゃんがいると万が一のとき、プロテクター状態になるという恐ろしさをいま一度イメージしてほしい。

 そして子供を前後に乗せて、運転者に赤ちゃんをくくりつけての運転。つまり4人乗りは違反。最近では違反切符を切る例も増えているのだが、違反とか違反ではない以前に、子供の安全を優先して考えてほしい。