日産シーマとフーガが仕様を向上 安全装備充実でサポカーSワイドに該当

フーガは2台前の車両状況を検知可能な安全装備も採用!

 日産自動車は、高級セダン「シーマ」ならびに「フーガ」を仕様向上して発売した。どちらも先進安全装備を拡充したことで、サポカーSワイドに該当した。メーカー希望小売価格(税込み)は、シーマが823万1300円(HYBRID)〜933万1300円(HTBRID VIP G)。フーガは446万3800円(250GT Aパッケージ)〜709万9400円(HYBRID VIP)。

 おもな改良点は、走行中に前方の車両や障害物、さらには静止した歩行者を検知し、衝突被害の軽減や追突の回避支援を行うインテリジェントエマージェンシーブレーキを全車に標準装備させた。

 また、進行方向の壁や車両などの障害物(前進時/後退時)を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えによる衝突防止を支援する「踏み間違い防止アシスト」、先行車や対向車、周囲の明るさによって自動的にハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストなども標準化されている。

 さらに、先行者との車間距離を保ちながら走行可能なインテリジェントクルーズコントロールを全グレードに標準装備。加えてフーガには2台前を走るクルマを検知し、前方に潜む危険に対して注意を促すインテリジェントFCWやエコ運転をサポートするECOペダルを標準化した。

 なお、フーガはニッサン インテリジェント モビリティのさらなる進化にともない、インフィニティマークから日産マークへと変更されている。