レストアプログラムの開始検討で初代の価値も向上!

世界一の販売台数を誇るオープン2シーター車としてギネスブックにも登録されているマツダ・ロードスター。現在に至るまで4世代が販売されているが、それぞれのモデルに良さがあるのはご存じのとおり。

そこで今回は各世代ごとのオススメポイントを紹介したい。購入を検討しているユーザーの参考になれば幸いだ。

・初代(NA型)1989〜1998年

初代モデルは当時のマツダ販売チャンネルのひとつ「ユーノス」から販売されたため、正式名称は「ユーノス・ロードスター」となる。当初は1600ccのエンジンに5速MTの組み合わせのみで、ATは1990年3月に追加となっている。‘93年7月にはビッグマイナーチェンジが行われ、エンジンが1800ccとなった。

最終モデルでもすでに18年が経過しているため、レストアも視野にいれて楽しめる方にオススメ。すでに程度の良い個体は値上がり傾向となっているが、マツダからレストアプログラムの立ち上げも検討中との発表があった。また、アフターパーツも豊富なため、年式から考えると部品に困ることはないだろう。

絶対的な速さはないが、シンプルなFRレイアウトに軽量ボディの組み合わせは法定速度内でも楽しめる。法的な問題で絶滅してしまったリトラクタブルヘッドライトも魅力的だ。

 

・2代目(NB型)1998〜2005年

初代のコンポーネンツを踏襲しながらも、すべての部分で先代を凌駕する完成度を誇るのが2代目ロードスター。初代モデル途中で消えた1600ccモデルも復活し、1800ccには6速MTが、1600ccには5速MTが組み合わされる(ATはともに4速AT)。

2000年のマイナーチェンジでは、1800ccエンジンに可変バルブタイミング機構が採用され、戦闘力がアップしている。

価格と性能のバランスが取れているのがNB型ロードスター最大の魅力。走りを楽しもうとすると1800ccモデルを狙いがちだが、1600ccモデルでもサーキットランを含めたスポーツ走行も難なくこなすポテンシャルを秘めているため、1800ccモデルとの差額でチューニングするという選択肢も大いにアリだ。

逆に速さを求めるのであれば、通称NB2と呼ばれる可変バルタイが付いた以降のモデルがオススメ。初期モデルとは別物と言っても過言ではない。

ついに3ナンバーボディとなった3代目のNC型

 

・3代目(NC型)2005〜2015年

ついに3ナンバーボディへとサイズを拡大した3代目ロードスター。エンジンはすべて2リッターエンジンとなり、メタルルーフを備えたRHTが2006年に追加されるなど、「大人のロードスター」として新たな魅力を発掘したモデルだ。

今までのライトウェイトスポーツの要素は残しつつ、グランドツーリングカーとしての要素も兼ね備えている。

歴代のロードスターに比べるとボディが大柄なこともあり、ライトウェイトなイメージが少ないNC型だが、RX-8のFEプラットフォームを改良して作られたNCプラットフォームや、排気量は拡大されたものの軽量に仕上がったLF-VE型エンジンなどにより、先代比+20kg(RSでの比較)に収まっている。

現在は初期モデルを中心に安価な中古車も存在することから、アテンザの2.3リッターエンジン換装やRX-8のロータリーエンジン換装など、ハードチューンもみられるようになってきた。

 

・4代目(ND型)2015年〜

現行モデルとなる4代目は原点回帰をキーワードに、小排気量エンジンに1トンを切る軽量ボディ(Sグレード)を組み合わせた。また2016年秋ごろにはメタルルーフを備えたロードスターRFの登場も控えており、今後の展開が楽しみなモデルとなっている。

走り方によってはカタログ燃費(17.2〜18.8km/L)を超える数値を記録する低燃費も魅力だ。

登場から1年余りだが、貴重な国産コンパクトFRスポーツとして各アフターパーツメーカーから多くのパーツが登場している。今後もさらなる進化が期待できるが、ノーマル状態でも十分楽しめるポテンシャルを持っているため、段階的にステップアップすることが可能。じっくり長く楽しめることができそうなのがND型のメリットといえるだろう。

一口にロードスターといっても、各世代で特徴があるのがお分かりいただけただろうか? ここで紹介した一般的なグレード以外にも多くの限定車が存在するため、どの年式を購入するかはかなり悩ましい問題かとは思うが、どのモデルを購入したとしても楽しめるということは間違いないので、安心してロードスターライフをスタートしていただきたい。

(文:小鮒康一)