トヨタ・ライズが爆発的ヒットも喜べない新車セールスマンの複雑な胸中

ライズだけでなくルーミー&タンクなども売れている

 トヨタ・ライズが爆発的に売れている。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、すでに2020年になってからの累計販売台数は2万199台となっている。月販目標台数が4100台なので、2020年1月と2月だけで月販目標販売台数ベースで5カ月弱分を販売していることになる。

 ただライズは大量のバックオーダーを抱えており、本稿執筆時点(3月上旬)で注文を入れても、納車されるまでに4カ月以上かかっている。自販連統計は当該月の登録台数がベースとなるので、現時点ではフル生産を行い、バックオーダーを少しでも早く消化しようとしているのが現状といっていいだろう。

 この状況にさぞや、販売現場も盛りあがっているかと思えば……新車販売現場の事情に詳しいひといわく、「もちろん、ディーラーやセールスマンは良く売れていることに、表立って文句をいうなんてことはありません。しかし、ライズがダイハツからのOEM(相手先ブランド供給車)であることに複雑な思いを持つセールスマンも目立つようです。つまり純粋なトヨタ車を販売しているというのではなく、『ダイハツ車を売っている』という意識がどうしても頭のなかに入り込んでしまうというのです」。

 ダイハツからのOEMはライズ以外にも、ルーミー&タンク、パッソが登録車としてラインアップされており、さらに一部販売チャンネル扱いとなっているが軽自動車のピクシス エポック(ミライース)、ピクシス ジョイ(キャスト)、ピクシス メガ(ウェイク)、ピクシス トラック(ハイゼット トラック)、ピクシス バン(ハイゼット バン)がラインアップされている。

 話を登録車のOEMに戻すと、ルーミー&タンクも良く売れている。自販連統計による2019歴年(2019年1月〜12月)締めでのルーミーの年間販売台数は9万1650台、タンクは7万4410台となっている。ともに月販目標台数は3750台ずつなので、年間販売台数ベースで比較すると、ルーミーは目標の約2倍、タンクは約1.6倍となっている。

 パッソも2019暦年の平均月販台数が3415台と、月販目標台数の85%ながらも月販平均で3000台以上となり、自販連ランキングでも2019暦年での年間販売ランキングで22位に入り健闘している。いまではトヨタのコンパクトカークラスではルーミー&タンクはなくてはならない存在となり、これに今度はライズが加わろうとしているのである。

ダイハツ車であることを知ったお客様から驚かれることも

 それでは現場のセールスマンはなぜ複雑な思いになるのかというと、OEMなので仕方ないが、あまりにも“ダイハツ臭”が強いというのである。「OEM車なので仕方ないと言えばそれまでなのですが、たとえばトヨタでは自動ブレーキなどの予防安全パッケージについて“トヨタセーフティセンス”と呼んでいます。そしてダイハツでは“スマートアシスト”と呼んでいますが、ルーミー&タンクやライズなどのカタログでは、トヨタバッジをつけていながらカタログには“スマートアシスト”と表記して紹介しています。
クルマにそれほど興味のないお客からも、『トヨタセーフティセンスではないの?』といった質問は結構受けるとのことです。そうなると、『このクルマはダイハツからのOEMなのです』とわざわざ説明しなくてはならなくなるそうです」(前出事情通)。

 OEMということを説明したがために、「えっダイハツのクルマなの?」とお客が反応することもあるそうだ。販売実績を見れば、OEMであることが大きくマイナスに作用することなく良く売れているので問題があるとはいえないが、トヨタのセールスマンとしては場合によっては声高に“ダイハツ車”であることを商談で説明しなければならないことで、少々複雑な気持ちとなるようだ。

「予防安全パッケージはもともと軽自動車で装着がいち早く広がり、そして性能アップしていきました。そのため、以前はトヨタで扱うクルマ(レクサスやかなり高額なモデルを除いた一般的なモデルレベル)のなかで、ミライースのOEMであるピクシス エポックが性能が高いということで、トヨタのコンパクトカーからエポックへ代替えするユーザーも目立った時期があったそうです」(前出事情通)。

 ただ多くの消費者には、ルーミー&タンクやライズが純トヨタ車なのか、ダイハツからのOEMなのかに関係なく、そのようなこと以上に魅力的なモデルに見えるようで、“数字はうそをつかない”とばかりに今日の大ヒットとなっている。セールスマンとしてもよく売れて、自分の販売実績に貢献すればそれでいいと考えているのだが、やはりトヨタディーラーで新車を売っているからには、純トヨタ車で“よく売れている”と評判になったほうが、喜びもさらに増すようなのである。