ただのゴムカバーと侮るなかれ! 破れると車検に通らないドライブシャフトブーツの重要性

ホイールの隙間からグリスの飛び散りが見えたらNG!

 車検はクルマの健康診断的な役割というのはご存じのとおり。ブレーキの利きや排気ガスの測定、ライトの点灯具合などが確認される。そのなかの項目としてあるのが、下まわりの確認だ。ゆすったり、叩いたりして排気系の漏れや足まわりのゆるみなどを見るが、ドライブシャフトのブーツというのも重要なチェック項目となる。

 各輪へ動力を伝えるのがドライブシャフトで、走行中はサスペンションの動きに合わせて動くので、ジョイントが内蔵され、潤滑のために入れられているグリースが飛び出ないようにブーツが装着されている。FFの場合は、力を伝えるだけでなく、ステアリングに合わせて左右に動くので、なおさら負担は大きい。

 ブーツはゴムでできていて、動きに合わせやすいようにジャバラになっているため、谷間の部分が裂けやすい。だいたい10万kmぐらいで寿命となることが多いが、裂けると内部からグリースが飛び出して、放置すると潤滑不良でガタが出てしまう。走りに合わせて音が出てたり、ステアリングを切って進むとゴンゴンという音がするし、最悪の場合、ドライブシャフトとジョイントごとそっくり交換するしかなくなってしまう。

 点検方法のひとつとして、しゃがんで覗いて見るというものがあるが、裂けた時点でかなり勢いよくグリースが飛び出して、ホイールの内側が汚れるのですぐにわかるはずだ。ただ、意識しないとわからない部分でもあるので、車検場で検査官に聞くとユーザー車検やただとおすだけの業者が持ち込むクルマでは、破れが発見されることが多いとのこと。最重要ポイントと言ってもいいぐらいなので、裂けたままパスするのは不可能だろう。いずれにしても、日頃の点検が重要ということは頭に入れておいてほしい。