とことんスポーティに仕立てたアウディTTの限定モデル「Sラインコンペティション」が150台のみ発売

アウディクワトロ誕生40周年を記念したモデル

 アウディ ジャパンは、スポーツクーペ「TT」をベースにした限定モデル「アウディTTクーペ Sライン コンペティション」を設定し、150台限定で発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は、689万円。

 2020年は、1980年に登場したスポーツクーペ「アウディ・クワトロ」の誕生40周年にあたる。これを記念し、現代のクワトロモデルのクーペであるアウディTTクーペ 45 TFSIクワトロをベースにしている。

 今回の特別モデルは、ベースモデルをさらにスポーティかつ個性的に仕上げた限定モデル。本来はオプションとなるSラインパッケージをはじめ、コンフォートパッケージやブラックスタイリングパッケージを装着。これだけでも魅力的だが、さらにマトリクスLEDヘッドライト、プライバシーガラスなど人気アイテムを多数標準装備した。

 さらに、RSリヤスポイラーやアンスラサイトブラックのアウディスポーツ製5アームポリゴンデザイン19インチアルミホイールを採用。そのほか、カラードブレーキキャリパー(レッド)やブラックテールパイプを標準装備し、スポーティ度をグッと高めている。

 インテリアは、ドアアームレストやセンターコンソールをレザー仕様に。また、ボディカラーに合わせてレッドもしくはブルーのコントラストステッチを配している。なお、ボディカラーはタンゴレッドメタリック、ターボブルー、グレイシアホワイトメタリックの3種を用意する。