ホンダCR-Vがマイナーチェンジ! SUVらしさを強調する新グレードの追加や上級装備を標準化

SUVユーザーのニーズに応えた装備を標準化し魅力アップ!

 ホンダは2020年6月19日(金)にSUV「CR-V」の日本市場向けモデルを一部改良し、発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は336万1600円〜455万8400円。

 CR-Vは上質な乗り心地と多様な路面状況にも対応する、力強い走りをあわせ持ったSUVとして1995年に初代モデルが発売された。2018年8月に行ったフルモデルチェンジでは、7人乗り3列シート仕様を設定したガソリンモデルのほか、CR-Vとして初のハイブリッドモデルをラインアップに加えている。ユーザーの生活スタイルや好み、求める性能などに合わせてさまざまなニーズに応えるグレード構成とし、幅広い層から好評を得ているロングセラーモデルだ。

 今回のマイナーモデルチェンジでは、広々とした室内空間や走りの良さはそのままに、SUVユーザーからの要望として多かったシーケンシャルターンシグナルランプやステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーの3つの上級装備を標準化。また、これまでのカラーバリエーションを見直し、光の当たり方で陰影をより美しく魅せる特別な塗装方法を採用したスーパープラチナグレー・メタリック、プレミアムクリスタルブルー・メカニックのほか、柔らかいトーンのシーグラスブルー・パールの3種を新色として設定した。

 ほかにも、EXグレードではファブリックシートからファブリックとプライムスムース・レザーの2素材を組み合わせたコンビシートに変更し、内装の上質感を向上。5人乗り2列シート仕様のMasterpieceグレードではホイールデザインを見直してさらに魅力ある足もとに。また後部座席はシートヒーターを標準装備した。

 さらに、CR-Vの新たな個性として、エクステリアとインテリアの両方に黒基調の専用加飾を施し、ブラック塗装のアルミホイールを採用したことでSUVの持つ力強いイメージをより強調した「BLACK EDITION」を最上級グレードとして追加する。

 また、今回のマイナーチェンジでハイブリッドモデルは、2モーターハイブリッドシステムの名称をフィットなどと統一し、「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更している。

 新型CR-Vのグレード別価格表は下記の通り。