最悪は「引火爆発」! 夏に多いバッテリー上がり時の「ジャンピングスタート」にケーブルを繋ぐ順番があるワケ

夏はバッテリー上がりが起こりやすい

 クルマにとって、夏といえばバッテリー上がり! JAFのロードサービスの出動理由を見ても、2019年のお盆の時期の出動理由第一位は、過放電バッテリー(全国で19,100件 全体の29.48%)。夏は気温が高いのでバッテリー液の比重が低くなる。そしてエアコンの使用で多くの電力を消費し、渋滞にハマれば発電量が減る。おまけにブレーキランプもけっこう電力消費が多いので……。こうした事情から夏はバッテリーにとって過酷な季節で、バッテリー上がりが多くなる。

 バッテリーを上げてしまった場合、ブースターケーブルさえ持っていれば、ジャンピングスタートでエンジンをかけられるわけだが、このブースターケーブルのつなぎ方には、ルールがあるのはご存じだろうか。

 正しいブースターケーブルのつなぎ方とは、
1.上がったクルマのプラス

 2.救援車のプラス

 3.救援車のマイナス

 4.上がったクルマのマイナス(端子ではなくエンジンの金属部分など)
バッテリーを一時的に充電するだけなら、プラス同士・マイナス同士を接続するだけで、順番なんて重要じゃない気もするし、実際、順番を気にせずジャンピングスタートをしたことがあるという人も、少なからずいるのではないだろうか。

 ではなぜ、バッテリーメーカーやJAF、業界団体などが、この順番を重視するのか?

 それは、バッテリーの「引火爆発」を防ぐため。「引火爆発」というと穏やかではないが、バッテリーは充電中、電解液中の水分が電気分解し、酸素と水素になって外部に放出される。この水素にブースターケーブルを接続したときの火花で引火するリスクを抑えるのが、上記の接続手順の目的なのだ。

 経験者ならご存じだろうが、ブースターケーブルで二台のクルマのバッテリーをつなぐと、最後に電流が流れ、パチッとわずかに火花が飛ぶ。この火花、じつはどういう順番でつないでも発生すると思っていい。

神経質になる必要はないが接続手順は守った方が安全

 ではなぜ、順番が大事なのかというと、順番によって火花の大小が違うからだ。火花は4工程のケーブル接続のうち、最後に出る。そして弱ったバッテリーより、元気なバッテリーのほうが強い火花になりやすいので、最後につなぐのは弱いバッテリー側にするのがいい。

 弱いバッテリー側にするにしても、プラスとマイナスがあるわけだが、プラスはバッテリーの端子に直接つなぐ必要があるが、マイナスはボディアースになっているので、バッテリーの端子に直接つながなくてもOK。つまり、水素が発生しているであろうバッテリー本体から離れたところ(エンジンブロックなど)にブースターケーブルをつなげられるので、火花が出てもバッテリー周辺の水素に引火する可能性がなくなるというわけ。そこから逆算して考えると、消去法的に上掲の接続方法にたどり着くというのが、順番を重視する理由となる。

 もっとも最近は、水の電気分解を起こりにくくし、電解液の補充が不要なMF(メンテナンスフリー)バッテリーが増えてきているし、そもそもジャンピングスタートは通気性のいい屋外で行うのが普通。

 そう考えれば、接続手順にそこまで神経質にならなくても、プラスとプラス、マイナスとマイナスを確実につないで、ショートさせないようにだけ注意すればいいような気もするが、余裕があるなら接続手順は守ったほうが安全なのは間違いない。

 接続手順は覚えていなくても、ブースターケーブルが入っている袋や、クルマの取扱説明書にも書いてあるはず。それらが見当たらない、見ながら作業をする余裕がないというときは、順番は無視して、プラスとプラス、マイナスとマイナスを確実につなぐことだけに注力すればOKだ。

※基本的にハイブリッド車はクルマの構造上、他のクルマのバッテリー上がりを救援することはできないので要注意