リーフに続きアリア投入で日産だけが突っ走る! なぜ「それ以外」の国産メーカーは「EV」に本腰を入れないのか

電動化ブームは日産主導ではない?

 2020年7月15日に新型「アリア」が世界初公開された。日産の内田 誠CEOがアリアを「新たなる扉を開くモデル」と称したように、アリアは日産にとって最重要モデルである。

 背景には、ルノー日産三菱アライアンスにおける日産の役割がある。同年5月、日産は中型車以上の電動化と自動運転技術でリーダーとなり、他の2社がフォロワーになる、というアライアンス全体として事業戦略を発表している。だが、世界の自動車業界全体を見まわすと、日産がEV市場全体をリードしているとまでは言い切れない状況だ。

 EVにもっとも積極的なのは、独フォルクスワーゲングループ。2015年に起こったディーゼル不正問題を払拭するため、2016年発表の中期経営計画で大々的なEVシフトをぶち上げた。VWの販売量が多い中国で、新エネルギー車(NEV)政策が2010年代後半から強化されることが決まったこともあり、当時のVW経営陣が英断した。

 日産としても中国は重要市場のひとつであり、日産のEV戦略は中国NEV対策という側面もある。

 また当然、テスラ対策もある。周知のとおり、2020年7月上旬、テスラは時価総額でトヨタを抜き、業界No1となった。多くの自動車メーカー各社幹部が「まさか、テスラが(企業として)ここまで一気に大きくなるとは!?」と驚いているように、テスラの影響によって近年、業界の予想に反してプレミアムEV市場が大きく伸びた。

 ポルシェ「タイカン」に次ぎ、GMは「GMCハマー」やキャデラック「リリック」、フォードは「マスタング マッハE」というプレミアムEV攻勢をかけてきた。日産はアリアで、これら各モデルと戦う構えだ。

トヨタ、ホンダ、マツダは、シティコミューターが主流

 日産以外の日系メーカーでもEVは量産するものの、いまのところ日産とは目指す方向に大きな違いがある。ホンダ「Honda e」とマツダ「MX-30」は、アリアやテスラのような電池容量の大きな電池パックは搭載せず、あくまでも市中や郊外までの移動を効率良く行うEVとして位置付けられている。

 また、トヨタは電動化戦略の長期ビジョンでも明らかなように、長距離移動の電動車は燃料電池車の普及を優先し、EVは市中のシティコミューターという想定だ。2020年後半には、ふたり乗りの超小型EVが量産される予定だ。

 こうした日産以外の日系メーカーは「EVは依然として、米中の規制ありき」、「テスラが主導したプレミアムEVありき」という市場分析のもと、「日系メーカーが得意とする、中小型車のマスマーケット(主要市場)での本格的なEV普及は当面先になる」という共通認識がある。

 見方を変えると、こうした各社のEVに対する方針に対して、日産は「逆張り」しているともいえる。

 2010年に初代「リーフ」登場の際も、日産は他社がハイブリッド車強化の流れに対してEVでの「逆張り」を仕掛けた。あれから10年、世界のEV市場は大きく変化し、また日産の経営陣も大幅も入れ替わったものの、結果的に、EV優先志向という日産の事業戦略に変わりはないように感じる。