大注目のマツダMX-30が今秋日本市場へ導入決定! マイルドHVもラインアップに追加

EVモデルは2020年度中に投入される予定

 マツダは、東京モーターショー2019にてワールドプレミアした、マツダ初の量産EV「MX-30」を、日本市場へ今秋投入すると発表した。加えてマイルドハイブリッドもラインアップに追加。7月31日(金)〜8月2日(日)まで開催するイベント「オートモビルカウンシル2020」にも実車(国内仕様のプロトタイプ)が展示されている。

 MX-30は自動車の常識にとらわれず、人とクルマの新しい関係を提案するために誕生した、マツダの新世代モデル。現状、最後のロータリーエンジン搭載車となっているRX-8を彷彿とさせる観音開きドアを採用。

 さらに、ヘリテージコルクを使った温かみのあるインテリアなど、これまでのモデルにはない上質な作り込みが特徴的だ。

 モーターショーで発表されたのは、モーターのみで駆動する電気自動車。欧州仕様で総電圧355V、総電力量(バッテリー容量)35.5kWhを発揮する駆動用バッテリーを搭載していた。今回発表されたのは、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」とマツダ独自のマイルドハイブリッド「M-HYBRID」を組合わせた「e-SKYACTIV G」となる。

 日本仕様はまずこのマイルドハイブリッド仕様から投入され、注目のEVモデルは2020年度中の投入を予定しているという。静かでスムースな発進加速、そしてモーターアシストによる低燃費性能を実現する走りにも注目だ。