一度経験したらもう「後戻り」はできない! トヨタ・日産・ホンダの「繋がるクルマ」のお役立ち度と値段の比較

今後はさらに採用するメーカーや車種が拡大されていきそうだ

 国産自動車メーカーの通信技術スタッフと話をしたときのこと。彼いわく、今後の新型車には、通信機能が不可欠。いや、通信機能の搭載が常識となる……というのだ。

 自動運転でも欠かせない通信機能は、今や軽自動車、コンパクトカーから高級車まで、さまざまなクルマに搭載されている。その機能でとくに注目すべきは、ヘルプネット、SOSコールと呼ばれるものだ。昨今、高齢者の事故やあおり運転被害などがニュースになっているが、緊急通報システムのヘルプネット、SOSコールはドライバー、乗員に絶大なる安心をもたらし、それこそ命を救ってくれることさえあるのだから、クルマの先進機能としてのプライオリティーはもはや極めて高いものになっていると言っていい。

 そんな緊急通報システムのヘルプネット、SOSコールは、車載通信機器(DCM/SIM)と前席部分にあるマイクとスピーカーで構成され、車種によって標準装備とオプションの設定に分かれる。また、ヘルプネット、SOSコールは任意でオペレーターに接続し、さまざまなサービスが受けられ、緊急事態では警察や消防への取次などを行ってくれるほか、エアバッグの展開と連動し、たとえドライバー、乗員が意識を失っていても、オペレーターに自動通報される仕組みになっている。

 現在ヘルプネット、SOSコールの利用が可能な国産自動車メーカーは、レクサス、トヨタ、日産、ホンダ、マツダで、レクサスはほぼ全車に標準装備。トヨタはアルファード、ヴェルファイア、カムリ、カローラ、カローラスポーツ、カローラツーリング、グランエース、クラウン、C-HR、プリウス、プリウスPHV、ヤリス、RAV4、ハリアーなどに標準装備され、オプション設定としている車種も、シエンタやヴォクシー、ノアなど数多い。

 デイズに軽自動車としてヘルプネット、SOSコールを初搭載して話題になった日産は、その後ルークス、キックス、プロパイロット2.0搭載車に標準装備(デイズはオプション設定)。マツダはマツダ3、CX-30に標準装備。ホンダは基本的にほぼ全車にオプション設定としている(2020年6月現在)。時代の流れとしては、これから順次ヘルプネット、SOSコールを採用するメーカー、車種が拡大されていくことは車載通信機器(DCM/SIM)の搭載とともに間違いないだろう。

運転初心者や高齢者ドライバーには備えてほしい装備!

 それでは、各社のコネクテッドサービス/通信機能について見ていこう。トヨタはヘルプネットのほか、T-コネクトナビによるオペレーターサービスが利用できる。ヘルプネットが緊急時に特化したサービスなのに対して、T-コネクトナビのオペレーターサービスは目的地設定の遠隔操作、ドライブルート上のお店の情報などのさまざまなリクエストに、運転中でもハンズフリーでオペレーターが応えてくれるのだ。クルマにはau製のSIMが搭載され、スマホ同様、電波の届く限り通信でき、サービスが利用できるというわけだ。

 T-コネクトサービスは一例として、ドクターヘリの要請、離れたクルマの異常をスマホに送信&警備員の派遣、リモートイモビライザーによるエンジンの再始動やステアリングロックの解除禁止、車両盗難時のオペレーターによる追跡、24時間ロードアシストなど多岐に渡る。

 料金は、DCMパッケージと呼ばれる、DCMとT-コネクトナビをセットで装着し、マイカーセキュリティなどのサービスまで利用する場合は、初年度無料、DCMパッケージで年/1万3200円(DCM単体の利用が年/6600円 車種限定)。また、DCM+ディスプレーオーディオ+T-コネクトナビキットによるT-コネクトスタンダードでは基本サービスが初年度登録から5年間無料、6年目以降年/3630円となる(オペレーターサービスなどはオプション)。

 日産の一部車種もヘルプネット、SOSコールを備えるほか、日産コネクトナビを装着すれば、緊急時以外の用件でも、ワンタッチでオペレーターサービスが利用できる(ドコモ製SIM)。サービスの一例として、車検や点検のメッセージ配信、最速ルートの案内、目的地の天気予報やレジャー情報、クルマの現在地の送信(スマホなどへ簡単なメッセージと現在地情報)などの利用が可能。これらのサービスは年/3300円の有料オプションだが、新車取り付け時から1年間は無料で利用できる。1年間試してみて、便利だと思ってから有料契約できるから安心だ。

 新型フィットから採用されている、国内ホンダ車初採用のホンダ・コネクトは、車載通信機によってエアバッグ展開時の自動通報、任意での通報が可能な緊急通報ボタン(赤)のほか、さらに大きな特徴として、別途、トラブルサポートボタン(青)が前席頭上についたシステムだ。

 つながる便利として、クルマから離れた場所でもスマートフォンでエアコンを始動させたり、ドアのロック、マップ上でのクルマの位置確認(広い駐車場で便利)、駐車中のクルマに異常が感知されたときに緊急サポートセンターを通じてALSOKのガードマンが駆けつけてくれるサービスなどを展開。

 めったに使わない、というか、使わずに済んでほしい緊急通報ボタンに加え、他車にないトラブルサポートボタンまで用意しているのが、後発ならではの親切さと言えそうだ。

 ホンダ・コネクトは、「Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ」とHonda純正ナビゲーション「Gathers(Honda CONNECT対応)」(ディーラーオプション)を選択し、さらに「Honda Total Care」への加入、「Honda Total Care プレミアム」への申込みが必要だが、ドライブ中、駐車中の大いなる安心につながることは間違いなし。料金は緊急サポートセンターとリモート操作機能で月額550円。Honda SLSOK駆けつけサービスが330円。嬉しいのは、新車、中古車ともに初回申し込みから12カ月間はどちらも無料で利用できる点である。

 このほか、マツダ・コネクト、ダイハツ・コネクトなどもあるのだが、ユニークなのが、ダイハツ・ロッキーに採用された車内WI-FI機能。車内で運転手がダイハツ・コネクトにスマホを接続していたり、同乗者がスマホを使うシーンで、スマホの通信料を節約できるというもの。1GBまで無料、それ以上の契約も割安で利用できるから嬉しい。

 それにしても、職業柄、さまざまなクルマに試乗し、ときには遠出もするのだが、通信機能、ヘルプネット、SOSコールが付いているクルマだと、出発前から安心しきり。走行途中でもオペレーターサービスが利用できるから、たとえば急な目的地変更、ランチスポット探しもオペレーターまかせ。ナビに新しい目的地を遠隔でセットしてくれるなど便利この上なし。常時つながっていることで、じつに心強くもあるのだ。コネクティドカーに一度乗れば、もう後戻りはできないと思えるほどである。

 とくに運転初心者、高齢者ドライバーには、先進運転支援機能とともに、ぜひとも備えてほしい機能と断言したい。コネクテッドサービスによる安心が運転の余裕をもたらし、安全運転、ドライブの快適度に直結するということだ。もちろん、あおり運転被害にあったときには、ボタンひとつでオペレーターを介し、警察に通報。自車の現在地もGPSでオペレーターに伝わる仕組みだから頼りになる!!