三菱自動車の新しい本社ショールームがオープン! カフェも併設したオシャレな空間を演出

落ち着きのある雰囲気のなか最新の三菱車に触れ合える

 三菱自動車は、同社の魅力を発信する新しい本社ショールーム「MI-Playground(マイプレイグラウンド)」を9月1日にオープンした。

 新しいショールームは、2019年1月に移転した芝浦三丁目の本社に隣接するビルの1階と2階に設けられている。同社はブランドメッセージ「Drive Your Ambition」を掲げ、よりアクティブにクルマを楽しみたいと思う人に向け、魅力あるモデルを多数ラインアップ。その個性あふれるクルマなどを直接体感することができるショールームとなっている。

 1階部分がメインのショールームとなる。広々としたスペースは、コーポレートカラーでもある白と黒を基調にしたデザインを採用。落ち着いた雰囲気で、ゆっくりとクルマを眺めることが可能だ。

 オープン前日、報道陣に向けて公開された内覧会では、エクリプス クロス、アウトランダーPHEV、eKクロス、デリカD:5、eKクロススペースが展示されていた。デリカD:5はキャンプなどのアクティビティを存分に楽しめるアクセサリー用品が装着されたカスタム仕様を展示。

 また、アウトランダーPHEVでは電気を応用してキャンプなどを楽しむシチュエーションを再現するなど、同社のクルマを思い切り楽しむための方法も提案しているのは流石である。

 このような希少なカスタマイズ仕様のほか、今後はコンセプトカーなど希少なクルマを展示することも予定しているという。モーターショーなどで展示されたコンセプトカーなどを、間近でゆっくりと堪能できる日が来るかもしれない。

 ショールーム内には初代デリカをキッチンカーに見立てた飲食コーナーも設けられており、昼休みなどの憩いの場になりそうだ。

 そのほか、親子で楽しめるワークショップなどを開催できるスペースも設けられている。現状ではまだ未定とのことだが、木のぬくもりを感じる素敵な空間になることは間違いないだろう。

 2階はサテライトエリアとして、おしゃれなカフェを展開。駅から直結となる歩行者用通路にも面しており、多くの人が訪れやすい位置に面している。こだわりのドリンクが多数用意されているが、なかでも注目なのが東京・自由が丘のドライフルーツ専門店「アラカルト」の商品を用いたフルーツティだ。

 見た目にもおしゃれな雰囲気満点だが、ドライフルーツからじっくりとフレーバーがドリンクに溶け込むので、長く楽しめるのも嬉しい限り。テイクアウトもOKなので、ぜひ訪れた際は堪能してほしい。

 スペースの都合上クルマの展示はないが、コンセプトカーのスケールモデル展示や、最新モデルの写真パネルなども設置されており、三菱らしい雰囲気をしっかりと感じられるスペースに仕立てられている。

 白と黒の落ち着いた雰囲気と、木のぬくもりをプラスした雰囲気がとても心地良い本社ショールーム「MI-Playground」。最新の三菱車に触れてもよし、同僚などと休憩に訪れてもよし、家族で休日に遊びに来てもよし。ぜひ、一度、足を運んでみてはいかがだろうか?

【施設概要】
名称
三菱自動車本社ショールーム
[愛称:MI-Playground(マイ プレイグラウンド)]
住所
東京都港区芝浦3丁目1番1号 msb Tamachi 田町ステーションタワーN 1F/2F
営業時間
1階 10:00〜19:00
2階 10:00〜21:00
定休日
1月1日〜3日

※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1階ショールームは11:00〜18:00での短縮営業中。また、マスク着用や定期的な換気・消毒清掃・ソーシャルディスタンスの確保などの対策を行っている。