スバルXVが大幅改良! e-BOXER搭載車は新機能搭載で走る楽しさもアップ

存在感のある新色イエローを追加!

 スバルは、アクティブ派を中心に幅広い層から支持を得ている「SUBARU XV」の大幅改良モデルを発表した。なお、発売は10月8日(木)からとなる。

 現行モデルのSUBARU XVは、2017年4月に登場。「Fun Adventure」をコンセプトに掲げ、スタイリッシュな雰囲気とSUVらしい走破性能、そして世界トップクラスの先進安全装備を備えたモデルとして日本のみならず海外でも人気だ。

 今回の改良では、新デザインのフロントマスクやアルミホイールを採用。よりスタイリッシュな雰囲気に生まれ変わっている。さらに、ボディカラーは新色のプラズマイエロー・パールを設定。深みのある色合いが力強い雰囲気を与えている。

 インテリアも、一部グレードではカラーコーディネートやシート表皮を見直したことで、より洗練された雰囲気に。

 見た目だけではなく、運動性能も進化している。全グレードにおいてサスペンションを改良。SUVらしさとスポーティさを高次元で両立する味付けに。さらに、e-BOXER搭載車では、新たにSI-DRIVEと連動するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を新採用している。

 これはSI-DRIVEがスポーツモードに設定されている際、コーナー進入時にアクセル&ブレーキ操作の状況からスポーティな走りを楽しんでいると車両が判断すると、高いエンジン回転数によるコーナンリングを維持。コーナー立ち上がり時はモーターアシストを作動させ、力強い加速を味わうことができるシステムだ。

 安全装備においては、見通しの悪い交差点や駐車・発進時にドライバーの視界をサポートしてくれる「フロントビューモニター」をメーカーオプションとして設定。発進時に周囲の状況を確認できるので安心だ。

価格(税込み)は、下記の通り。
1.6i EyeSight 220万円
1.6i-L EyeSight 233万2000円(ルーフレール装着車:238万7000円)
2.0e-L EyeSight 265万1000円(ルーフレール装着車:270万6000円)
2.0e-S EyeSight 287万1000円(ルーフレール装着車:292万6000円)
Advance 292万6000円(ルーフレール装着車:298万1000円)