レクサスRCが一部改良! 運動性能の進化やインフォテイメントシステムを強化

新色のソニッククロムは金属の質感と光沢感をイメージ

 レクサスは、ラグジュアリークーペ「RC」と「RC F」を一部改良し発売した。RCは運動性能や安全性の向上、RC Fはインフォテイメントシステムの連携強化が図られている。

 RCの一部改良では、おもに走りに関わる改良が施されている。今秋発売予定の新型IS同様に、レクサスが提唱する独自の乗り味である“レクサス・ドライビング・シグネチャー”を追求するため、操縦性や安定性を高めつつ乗り心地の向上も実現させている。

 具体的な変更点は、スポット溶接打点を追加させることでホディ剛性を向上。加えてスタビライザーバーの高強度鋼材採用、リヤアッパーアームの高強度アルミ材採用によって、バネ下質量の低減を可能にした。

 RC300はパワーユニットにも手を加えている。2Lターボエンジンの最高出力を発生させる回転数を5200〜5800rpmと拡大。より力強い走りを味わうことができる。RC300hでは、アクセル操作に対して駆動力制御を最適化。電動モーターならではのスムースかつ力強い加速力やレスポンスの良さを際立たせることで、よりドライバーが意図したドライビングを楽しめるようになっている。

 安全装備や機能装備も充実させている。電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド、全車速追従機能付レーダークルーズコントロール、クリアランスソナー&バックソナー、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートを全車標準装備に。さらに、ボディカラーは新色ソニッククロムを採用。金属の質感と高光沢を実現した、プレミアムクーペにふさわしい色合いだ。レクサスの塗装技術であるソニック工法を応用した、なめらかな表面が生む強い反射によって、陰影を際立たせている。このソニッククロムを含む、全10色を設定。

 レクサスの走りの頂点であるFの名を冠したRC Fは、マルチメディアシステムがスマートデバイスリンク、アップル・カープレイ、アンドロイドオートに対応。手持ちのスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイと連携させ、スマートな操作が可能となった。

 さらに、クリアランスソナー&バックソナーを全車標準装備とし、ボディカラーはベースのRCと同様、ソニッククロムを新規採用し全6色を用意する。

 メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

【RC300】
RC300 576万9000円
RC300 version L 624万8000円
RC300 F SPORT 629万9000円

【RC300h】
RC300h 621万7000円
RC300h version L 669万6000円
RC300h F SPORT 674万7000円

【RC350】
RC350 658万4000円
RC350 version L 706万3000円
RC350 F SPORT 730万7000円

【RC F】
RC F 1042万円
RC F Carbon Exterior package 1122万円
RC F Performance package 1432万円