登録車では圧倒的人気! いまコンパクトカーが「バカ売れ」するワケ

クルマの値上げと所得の伸び悩みがコンパクト人気を押し上げた

 日本ではコンパクトな車種の人気が高い。もっとも販売比率が高いのは軽自動車で、新車として売られるクルマの約37%を占める。その次に好調なのがコンパクトカー(5ナンバー車を中心とするコンパクトなハッチバック)で、国内の販売比率は約25%だ。

 そしてSUVやミニバンでも、好調に売れるのはボディの小さな車種になる。2020年9/10月における国内販売ランキングを見ると、小型/普通車の上位には、コンパクトカーではトヨタ・ヤリス、トヨタ・ルーミー、ホンダ・フィット。コンパクトSUVではトヨタ・ライズ、順位は少し下がるがコンパクトミニバンではホンダ・フリードとトヨタ・シエンタが入った。

 これらのうち、登録台数の1位はヤリスで、10月は1万8592台とされるが、このなかには約6900台のヤリスクロスも含まれる。この台数を差し引いたヤリス(GRヤリスを含む)のみの登録台数は約1万1700台だから、小型/普通車の実質的な販売1位は1万3256台のライズだ。

 日産ノートはフルモデルチェンジを控えて直近では売れ行きを下げたが、2020年の前半は新型車のヤリスやフィットに次いで好調に売れていた。フルモデルチェンジを受けると、再び販売ランキングの上位に入る可能性が高い。

 コンパクトカーが好調に売れる理由をトヨタの販売店にたずねると、以下のような返答だった。「ヤリスが好調に売れる一番の理由は、運転しやすいコンパクトカーでありながら、安全装備が最先端になることです。ハイブリッドの燃費も抜群に優れ、お客様のニーズに応えたクルマづくりで売れています」。

 ヤリスの衝突被害軽減ブレーキは、歩行者や車両に加えて自転車も検知する。自車が右左折するときも、直進してくる車両や横断歩道上の歩行者を検知して、衝突被害軽減ブレーキを作動させる。ハイブリッドGのWLTCモード燃費は、2WDなら35.8km/Lだから、国産の小型/普通乗用車では最良の数値だ。

 しかも2020年5月以降は、全国的にトヨタの全店が全車を販売する体制に移行した。ヤリスが発売されたときの取り扱いディーラーはネッツトヨタ店のみだから店舗数も約1450箇所だったが、今はトヨタ全店の4600箇所に急増した。販売網が3倍以上に充実したことも、ヤリスが好調に売れる理由だ。

新しくはない「ルーミー」もランクキング上位に

 背の高いコンパクトカーのルーミー&トヨタ・タンクは、全店が全車を売る体制になったのを受けて、2020年9月のマイナーチェンジで姉妹車のタンクを廃止した。登録台数の多かったルーミーに絞り、カスタムはメッキグリルの存在感をさらに強めている。そこでルーミーは販売ランキングの上位に入った。

 このようにトヨタのコンパクトカーは、人気車については、全店が全車を扱う体制になったこともあって売れ行きを一層伸ばした。その半面、もともと販売が低調だったトヨタ・ポルテ&トヨタ・スペイドなどは、ユーザーを奪われてさらに落ち込んでいる。

 ライズは、5ナンバーサイズに収まる数少ないコンパクトSUVだ。コンパクトカーとSUVという2つの売れ筋カテゴリーの要素を併せ持つ。前輪駆動ベースのSUVだが、フロントマスクには悪路向けのSUVに通じる野性味があり、人気車のトヨタRAV4を小さくしたような印象も受ける。SUVに見られる原点回帰のトレンドに沿ったことも含めて、好調に売れる要素が豊富で登録台数も伸びた。

 コンパクトな車種が好調に売れる背景には、最近の車両価格の上昇もある。たとえば20年前に販売されていた日産セレナやホンダ・ステップワゴンの売れ筋グレードは、200万円前後だったが、現行型は標準ボディのノーマルエンジン車でも270万円に達する。消費増税も含めて、この2車種の価格は1.3倍に高まった。安全装備の充実を考えれば、現行型が買い得だが、高額になったことも事実だ。そこで現時点で、安全装備を充実させながら200万円前後に収まるクルマを探すと、コンパクトカーになる。

 所得の伸び悩みも見逃せない。平均所得は1990年代の後半をピークに下がり、直近では上向いたものの、今でも20年前の水準に戻っていない。クルマの値上げと所得の伸び悩みで、軽自動車とコンパクトな車種が好調に売れる現実もある。つまりコンパクトカーの高人気は、ユーザーが抱く不満の裏返しともいえるだろう。