大企業の社長の枠を超えた「注目度」と「実績」! 「豊田章男」が凄いワケ

就任以降は数多くの困難を乗り越えてきた

「トヨタのクルマは好きになれないけれど、社長の豊田章男さんはリスペクトしている」、そんな風に感じているクルマ好きは少ないないのではないだろうか。世界のトヨタを創業家の血筋をもって率いるリーダーでありながら、「ガソリンの匂いが大好きだ」と公言するカーガイでもある豊田章男氏は、クルマ好きが共感できる自動車会社のリーダーとして他社のファンからも認められた存在となっている。

 そんな豊田章男氏は、「世間では3代目は会社をつぶすと言われまして……」と、創業家のお坊ちゃんであることを自虐的に表現するという挨拶を“持ちネタ”のひとつとしているが、豊田自動織機の創業者である曾祖父の豊田佐吉氏から数えると、じつは4代目だったりする。祖父がトヨタ自動車創業者の豊田喜一郎氏、父親はトヨタ自動車名誉会長の豊田章一郎氏といった、まごうことなきサラブレッドである。

 とはいえ、そのキャリアは順風満帆だったわけではない。社長就任は2009年、前年のリーマンショックを受けて、トヨタは初の赤字となり、まさにどん底といえる状況で創業家の登場というのは外野からは辛らつな目で見られていたのも事実だ。つづく2010年にはアメリカでの暴走事故からアメリカ議会の公聴会に出席、2011年には東日本大震災によるサプライチェーンの分断など、社長就任以後はかつてないほどの荒波を乗り越えてきた。単なる創業家のお坊ちゃんではなく、明確なリーダーシップを持つ人物であることは社長就任からの10年を超える日々で証明してきている。

 その一方で、社長就任前からひっそりと続けてきたカーガイとしての活動も知られている。トヨタのトップガンであった故・成瀬 弘さんからドライビングスキルだけでなく、クルマを評価する技術、そして「いいクルマづくり」について教えを受けたことで、単なるカーガイからトヨタのマスタードライバーへの道を歩み始めた。副社長時代の2007年にはお忍びでニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦、その際に『モリゾウ』という文字どおりのハンドルネームを使ったのはトヨタの御曹司ということを隠すためだったというが、そのモリゾウという名前は、豊田章男氏のもうひとつの人格となり、豊田章男氏を唯一無二のカーガイ経営者というキャラクターへ昇華させていく。

 当初はお忍びでのレース活動だったが、いまやスーパー耐久に参戦するほどとなり、またイベントではWRCマシンを自在に操る様を披露するなど、そのドライビングテクニックの高さについては多くが認めるところとなっている。その際に、ニコニコと本当に楽しそうにクルマを運転する様は、ポーズとしてのクルマ好きではなく、真のカーガイであると感じさせるものだ。それが、冒頭に記したようにアンチトヨタ派のクルマ好きからもリスペクトされる理由だ。

 こうなると「トヨタ自動車の社長がレース活動なんて」と眉をひそめていた層にしても、その活動を認めざるを得ない。これほどトヨタというブランド価値を高める存在になってしまうと、モリゾウとしてのキャラクターも積極的に活用できるようになっている。

自動車メーカーからモビリティカンパニーへ

 そうしてドライビングの楽しさを自ら体現する存在となっている豊田章男氏だが、古い価値観にとらわれているわけではない。かつては自動運転について否定的な発言をすることもあったが、パラリンピックと深く関わるようになり、障がい者の移動をサポートするものとして自動運転技術を進化させることの重要性を語るようになった。

 その結果として、現在は「ウーブン」ブランドを持って、AI(人工知能)の開発に投資するようになった。しかも「ウーブン」ブランドが手掛けるAIのターゲットは自動運転車だけえではない。東富士に「ウーブン」シティなる実験都市をつくり、生活全般をAIがサポートする社会システムを構築しようとしている。2018年に、トヨタを自動車メーカーからモビリティ・カンパニーに変身させようと宣言した豊田章男氏は、モビリティからの卒業も目指しているようだ。

 思えば、自動織機で会社を大きくした佐吉氏、自動車事業に参画した喜一郎氏、住宅事業を興した章一郎氏と、豊田家は新規事業を創業することが家訓となっている。そして章男氏は社会インフラにもなり得るAI事業を興した。そこには個人として出資もするというほどだ。カーガイだからクルマだけにしか興味がないというわけではない。広い視野を持って、未来を見ることもできる人物なのである。

 そもそも、いまやトヨタのモータースポーツ・ブランドとなったGAZOOも、豊田章男氏が社内ベンチャーとして起こした中古車検索のインターネットサービスにルーツを持つ名前だ。画像で検索できるサービスということで「がぞう」をもじった「GAZOO」という名前で始めたサービスが、前述したニュルブルクリンク耐久でGAZOO Racingとなり、それがいまやワークス活動を示す名前になった。豊田章男氏にとってインターネットを使ったサービスは、それほど思い入れのあるものなのだ。そうした背景もあって、豊田章男氏はIoTやMaaSを理解する姿勢が強いという話も聞こえてくる。

 カーガイとして技術や見る目を磨き続け、本業においてしっかりとしたリーダーシップを発揮しつつ、新事業にも積極的で、柔軟性もあわせ持つとなれば、まさに完璧ともいえる。ただし心配がないわけではない。

 前述のようにトヨタというブランドにおいて、豊田章男氏という存在は欠かせないピースとなっているが、ブランド規模を考えるとそうした属人的な部分があるというのは、ある種のカンパニーリスクといえる。また、冒頭に記したように「創業家のお坊ちゃん」と見られているということは、豊田章男氏のコンプレックスでもあったろうが、すでに創業家という枠を超えた名経営者という評価が高まっている。そうして豊田章男氏の原動力でもあったであろうコンプレックスを克服したのちに、どのような変わっていくのかは非常に気にかかるところだ。