アウディA5&S5シリーズが大幅改良! エクステリアの刷新やディーゼルエンジン搭載モデルも新設定

最新のインフォテインメントシステムなども搭載!

 アウディ ジャパンは、ミッドクラス4ドアクーペ「A5/S5スポーツバック」ならびに2ドアクーペ「A5/S5クーペ」を大幅刷新し、1月13日(水)より発売する。なお、TDIモデルは2月以降の発売を予定している。

 今回のモデルチェンジは、エクステリアデザインを変更した。全グレードにおいて、ハニカムメッシュグリルや名車アウディスポーツクワトロの雰囲気を彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートを採用。スポーティさを際立たせている。

 また、グレード構成をadvancedとS lineに変更。advancedは従来のS lineよりもスポーティな位置づけとなっており、大型のフロントブレードレートやマトリクスLEDヘッドライトを標準装備としている。S lineは、高性能モデルであるRS5のエッセンスも盛り込まれたデザインに。なお、RS5には標準装備となっているレーザーライトパッケージをオプション設定としている。

 インテリアも刷新している。最新のインフォテインメントシステムMIB3を初採用。タッチパネル式となった10.1インチセンタースクリーンにより、操作性の向上とシンプルかつクリーンなインパネデザインを実現した。また、S lineとS5には、新装備となるブラックグラスルックコンソールパネルとアーティフィシャルレザー(センターコンソール/ドアアームレスト)を採用。質感をグッと高めている。安全装備は歩行者検知機能付きアウディプレセンスシティ、渋滞追従支援機能付きアダプティブクルーズコントロールを標準装備し、ドライバーの安全運転をサポートする。

 パワートレインは、45 TFSIクワトロに搭載する2リッター直4ターボエンジンに12Vマイルドハイブリッドシステムを搭載した。効率を高めたAWDクラッチ付き四輪駆動システム「クワトロ」と7速Sトロニックを組み合わせている。コースティング時にはエンジンを停止させるなど、燃料消費を抑えながらも快適なドライブを楽しめる。

 また、A5シリーズとして初となるクリーンディーゼルエンジン仕様も用意された。A5スポーツバックは2リッター直4ターボディーゼルに12Vマイルドハイブリッドを組み合わせた35TDIを、スポーツバックとクーペにはさらに高出力化した2リッター直4ディーゼルターボに四輪駆動システムを組み合わせた40TDIクワトロを設定している。

 高性能モデルであるS5スポーツバックおよびクーペは、最高出力354馬力、最大トルク500N・mを発揮する3リッターV6ターボに8速ティプトロニックを組み合わせる。四輪駆動システムによって、力強い走りを堪能することが可能だ。足まわりはダンピングコントロールSスポーツサスペンションを採用し俊敏なハンドリングを実現している。

 エクステリアはSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルや前後バンパー、エアインレットを採用。新デザインとなった19インチアルミホイールを組み合わせてスポーティさを演出する。インテリアは、アルカンターラ/レザー(ダイヤモンドステッチ)のマッサージ機能付きSスポーツシートを標準装備としている。

 ボディカラーは、A5/S5シリーズにディストリクトグリーンメタリックを、S5およびS line専用となるクワンタムグレーおよびターボブルーを新設定した。各車両の本体価格(税込み)は下記の通り。

Audi A5/S5スポーツバック
35 TDI advanced 616万円
35 TDI S line 665万円
40 TDI quattro advanced 643万円
40 TDI quattro S line 692万円
45 TFSI quattro advanced 710万円
45 TFSI quattro S line 707万円
S5 Sportback 926万円

Audi A5/S5クーペ
40 TDI quattro advanced 643万円
40 TDI quattro S line 692万円
45 TFSI quattro advanced 710万円
45 TFSI quattro S line 707万円
S5 Coupe 926万円