アウディQ5がモデルチェンジ! 最新デザインを採用し先進的なスタイリングを大変身

最新のインフォテインメントシステムも搭載!

 アウディ ジャパンは、人気のミッドサイズSUV「Q5」をモデルチェンジ。大幅にアップデートして3月8日(月)から発売する。車両本体価格(税込み)は、681万円〜915万円。

 まず注目はエクステリアデザインの刷新だ。アウディのSUVシリーズ「Q」モデルのデザイン言語をさらに進化させ、力強さと安全性をより強く表現している。八角形のシングルフレームグリルはよりフラットで幅広い形状に変更。開口部を広げたサイドインテークは、台形をモチーフにしたデザインを取り入れている。LEDヘッドライトの上部には新しいライトシグネチャーを備えるデイタイムランニングライトを組み込む。テールランプも新デザインを採用し、個性的なリヤビューを演出する。

 グレード構成は、advanced/S lineのふたつとなった。advancedには、Q8と同様となるグリッド形状のグリルに、マットアルミルックの力強い垂直ラインを採用。

 S lineはよりスポーティとなる、ハニカムメッシュグリルに変更となり、LEDヘッドライト&テールランプにはダイナミックインディケーターが備わっている。さらに、Sルーフスポイラーを備えてスタイリッシュなスタイリングとした。

 また、advancedにはS lineの要素を盛り込むplusパッケージ、S lineを含む全車にアウディ・エクスクルーシブによるブラックスタイリングパッケージがオプション設定される。

 パワートレインは、45TFSIクワトロに2リッター直4ターボを、40TDIクワトロには2リッター直4ターボディーゼルを搭載。両方ともにベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムを採用した。より効率的となったAWDクラッチ付きクワトロ四輪駆動システムには、7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。

 システムが4WD走行不要と判断した場合は、リヤドライブシャフトをリヤデフ内デカップリングクラッチによりリヤのドライブシャフトを切り離すことでFF状態に。コースティング(惰力走行)時にはエンジンをストップさせて消費燃料を抑えるなど、快適なドライブをサポートする。

 インテリアは、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用。10.1インチにサイズアップしているセンタースクリーンはタッチパネル方式となっており、操作性の向上はもちろん、シンプルかつクリーンなコクピットに仕立てられている。音声入力による目的地設定やエアコン温度の設定変更などが可能だ。advancedグレードには、ドアアームレストやセンターコンソールにアーティフィシャルレザーを用い、リヤシートヒーターを設定するラグジュアリパッケージも用意されている。

 Q5シリーズの高性能モデルとなるSQ5は、アルミニウムルックインサートが施されるSモデル専用ハニカムメッシュシングルフレームグリルを採用。新装備となる、マトリクスOELDリアライトを標準装備。

 シート素材はダイナミカ/レザーのコンビネーションとなり、オプション設定されるレザーパッケージを選択すれば、ダイヤモンドステッチ付きレザーとなる。なお、左ハンドルもラインアップに加わった。

 搭載するパワートレインは、最高出力354馬力、最大トルク500N・mを発揮する3リッターV6ターボ。トランスミッションは8速ティプトロニックを組み合わせている。機械式センターデフを搭載するクワトロ四輪駆動システムと、ダンピングコントロールSスポーツサスペンションを搭載。ベースモデルに対してダイナミックなハンドリング性能と、上質な乗り心地を両立させている。アルミホイールは5ツインスポークの20インチを装着。オプションで、21インチも選択可能だ。

 ボディカラーはSQ5およびS lineの専用カラーとして、クワンタムグレー、ウルトラブルーメタリック、ディストリクトグリーンメタリックが新規設定された。

各モデルの車両本体価格(税込み)は、下記の通り。
40 TDI quattro advanced 681万円
40 TDI quattro S line 739万円
45 TFSI quattro advanced 730万円
45 TFSI quattro S line 788万円
SQ5 915万円