「深夜まで営業」「週一休みでも御の字」は過去! 「さとり世代」や「モンペ」で激変するイマドキ新車ディーラーマンの働き方とは

バブル期は夜遅くまで営業に出るのが当たり前ということも……

 2021年3月1日より、来年春(2022年春)卒業予定となる大学生向けの就職に関する企業説明会が始まった。さまざまな情報サイト上にある就活大学生人気企業ランキングを見ていると、自動車メーカーで見れば、トヨタの名前は比較的上位に出てくることもあるが、そのほかのメーカー名が一定ランキング以上で出ることは確認できなかった。

 1960年代あたりの日本映画を見ていると、その当時の自動車メーカーを舞台にしたものが結構あったりする。モータリゼーションとも呼ばれ、“マイカー”としてクルマが新しい生活ツールとして注目されたが、まだまだ手軽に購入できる価格(当時の給料と比較して)でもなかった。

 そのため乗用車が庶民の憧れであり、そして日本の自動車産業がまさに世界へ本格的に進出しようとしていた時期なので、先進性のある“トレンディ(少々古い表現ですいません)”な職業として注目されていただろうし、当時の就活生も就職先として注目していたはずである。

 しかしながら、実際に新車を販売するディーラーといえば、長い間“ブラック企業”の最先端をいくような業種のひとつといわれるほど、就労環境は厳しいものがあった。

 セールスマンについて、学卒(4年制大学)新社会人の採用が本格化したのは、バブル経済のころ、つまり1980年代後半まで遡る。それまでは、給与体系における歩合給の比率が高いこともあり、“稼げる仕事”として異業種からの転職がメインとなっていた。宝石販売のトップセールスマンなど、異業種の販売職で腕を磨き、「新車販売でひと山当てよう」みたいなひとが新車販売の世界に流れてきたのだ。

 歩合給比率が高く、売れば売るだけ給料に反映されるので、歩合給のいいライバルディーラーがあれば、ホイホイと業界を渡り歩くことも珍しくなかった。個人情報保護法ができるまでは、自分の販売した顧客リストとともに転職し、転職先でいままでの顧客に新たに扱うこととなったブランドのクルマを売っていくのが当たり前といってもいい状態。

 しかし、前述したように学卒セールスマンの採用がメインとなってくると同時に、それまでの完全飛び込み営業というものは、時代の変化もあり徐々にカウンターセールス(店を訪れたお客のフォロー)が中心となっていった。

 空前の好景気であったバブル経済期には、週末イベントだけでなく、平日もとにかく店を開けていれば新車がよく売れた。それまでと異なり、お客が店頭へ新車を買いに来るようになったのだ。それでも、店頭でそのまま受注までいくケースは少なく、店頭応対したその日の晩にお客の家を訪れて再度商談を行い、契約をもらう夜間訪問活動がセールスマンのメインの仕事となっていた。

 そのため、帰宅は連日深夜になるのも当たり前。とにかく拘束時間が長く、しかも週に1度休めればいいほうで、休みなく働き詰めということも珍しくなかった。

働き方改革で繁忙期でも1週間の有給消化を支持されるように

 このようなスタイルは平成の後半まで基本的に続いた。事態が動き出したのは平成末期から令和初期にかけてとなっている。世の中で若者のことを“さとり世代”と呼ぶようになると、何を悟ったのかはわからないが、そのようなディーラーの働き方に疑問を持つ新人セールスマンが増えてきた。

 しかし、本人よりもその親御さんたちが過敏に反応した。「ウチの子どもは毎日帰宅が遅いので何とかしてほしい」と、労働基準監督署に直電(直接電話)する親御さんが出始めたのである。販売現場では“モンスターペアレントが通報した”として、その行動に対して驚きは隠せなかったようである。当然通報を受けた労働基準監督署は当該ディーラーの査察を行い、指導が入り就労環境がガラリと変わったそうだ。

「まず残業がほぼなくなりました。もちろん夜間訪問も禁止。毎日遅くても19時には店舗は完全閉店となり、自宅へ帰っても時間を持て余しています」とは、ベテランセールスマン。当時は働き方改革が叫ばれていたので、労働基準監督署の査察が入らずとも、ほとんどのディーラーが就労環境の見直しを行い、労働環境の改善が急速に進んだとのこと。

 その動きはコロナ禍となったいまでも、ある意味エスカレートといったレベルにまで改革が進んでいる。前出のベテランセールスマンは、「有給休暇の取得も完全消化に近いレベルまで要求されるようになりました。そのため、事業年度末近くになると、しょっちゅう1週間ほどの休暇を取らされます。さらに、有給休暇のほかに会社から“個人休暇”というのが与えられており、こちらも完全消化が要求されており、昔とは大違いでとにかく休みが増えました」と話す。

 年度末決算セールの追い込み月である3月も1週間の休暇が与えられて、当のセールスマン本人は困惑しているとのこと。土曜、日曜といった週末には子どもの運動会など学校行事があっても過去には休みがとりにくかったのだが、いまや平気で取得できるようになっているとのこと。

 キチンとノルマをこなして新車を販売していれば、いまや新車ディーラーでのセールスマンという仕事は完全にブラックではなくなった。しかし、ノルマ(いまでは目標販売台数などと呼ばれている)をこなして新車販売を続けるというものは、販売環境が激変しようが、セールスマンにとってプレッシャーとして重くのしかかっているのだけは不変である。