「2クラスは上だよ……」R5マシン解禁の全日本ラリー! 戦々恐々のスバル&トヨタ勢の見解

これまでスバルで活躍してきた勝田選手がGRヤリスで参戦!

 2021年の全日本ラリー選手権が3月20〜21日、愛知県新城市を舞台にした「新城ラリー」で開幕したが、そのなかでもっとも注目を集めたのが最高峰のJN1クラスだった。

 2021年は熟成を極めたスバルWRXに対抗すべく、トヨタの新型モデル、GRヤリスがデビュー。トヨタのワークスチーム、トヨタGAZOOレーシングが、これまでスバルのドライバーとして活躍してきた勝田範彦をエースドライバーとして起用したほか、GRMNヴィッツでJN2クラスを戦ってきた眞貝知志をセカンドライバーとして起用するなど充実した体制を持つ。

 これに加えてトヨタ86を武器にJN3クラスで活躍していた山本悠太がK-ONEよりJN1へステップアップ。一方、迎え撃つスバル勢も新井敏弘、新井大輝がアライモータースポーツのスバルWRXで参戦するほか、鎌田卓麻がシムスレーシングのスバルWRXで参戦するなどこちらも優勝経験を持つ強豪が勢揃いした。

 さらに、スバルWRX、トヨタGRヤリスといった国内規定モデルのRJ車両に加えて、国際規定モデルのR5車両も仮ナンバーでJN1クラスに参戦できるようになったことも2021年の全日本ラリー選手権のトピックスのひとつといえる。これにより、クスコレーシングの柳澤宏至がシュコダ・ファビアで参戦したほか、555ラリーチームの福永修が同じくシュコダ・ファビアで参戦するなど、2021年のJN1クラスはまったく新しい構図で上位争いが展開されることになったのである。

 このスバル、トヨタ、シュコダの争いで主導権を握ったのは、下馬評どおり、シュコダ・ファビアで、ドライで争われた20日のレグ1で福永が4回中3回のSSウインを獲得した。

 しかし、ラリーを支配していた福永はSS4でスピンをしてタイヤをパンクさせたことで5番手まで後退。これに対して安定した走りを披露したのがスバル勢の一角、鎌田で、WRXを武器に好タイムを連発し、SS4で脱落した福永に代わって鎌田がレグ1をトップでフィニッシュした。

 一方、ニューマシンのトヨタGRヤリスは熟成不足が否めず、トヨタGAZOOレーシングで5号車を駆る勝田がSS1でエンジントラブルにたたられてリタイヤしたほか、8号車を駆る眞貝もSS2でエンジントラブルでリタイヤするなど三者三様のレグ1となった。

 開けた21日のレグ2は朝から雨に祟られ、ヘビーウエットのなかでラリーが開催。ここで素晴らしい走りを見えたのが鎌田で、SS5でトップタイムをマークして、後続とのリードを拡大した。

 しかし、ラリーリーダーの鎌田は続くSS6でクラッシュを喫し、そのままリタイヤ。さらに天候のさらなる悪化でSS7およびSS8がキャンセルになったことにより、雨のレグ2で抜群の安定性を見せた新井敏弘が逆転で波乱の新城ラリーを制覇した。

 2位は新井大輝でスバル勢が1-2フィニッシュを達成。3位は福永、4位は柳澤らのシュコダ勢で、トヨタ勢で唯一完走を果たした山本がクラス5位でフィニッシュした。

R5の解禁はプライベーターにとっては夢のある選択肢

 このように明暗が分かれる開幕戦となったが、JN1クラスでR5が解禁されたことについて、いち早く、シュコダ・ファビアR5を投入した福永は「スバルやランサーの国内規定モデルでは、なかなかワークスに対抗できなかったけれど、R5なら市販モデルでトップ争いができるのでプライベーターにとっては夢のある選択肢だと思います」と語る。事実、福永は前述のとおり、R5のパフォーマンスを生かしてレグ1で3回のSSウインを獲得した。

 一方、R5の解禁についてスバルWRXを駆る新井敏弘は「日本のワイディングで純粋なレーシングカーであるR5を見られるようになったことは、ファンにとっても良かったし、国内ラリーの関係者としては歓迎すべきことなんだけど、同じクラスで戦うドライバーとしては厳しい。国際規定のR5車両は国内規定のRJ車両よりも2クラスぐらい上に位置するマシンなのでBOPが必要」とのこと。

 同じくスバルWRXを駆る鎌田も「圧倒的にパフォーマンスが違うので、スバルWRXでR5車両に勝つことは難しいでしょう。今後は“JN-Rクラス”を作るなど、JN1クラスとは別にしてほしい」と率直な印象を語っているが、ワイディングを舞台に争われるラリー競技は、サーキットを舞台にしたレース競技より、ドライバーの実力がリザルトに対するウェイトを占めるカテゴリーである。絶対的に有利なマシンを持つドライバーが必ずしても勝てるとは限らない。

 事実、今回の新城ラリーでもスバルWRXは安定した走りを披露。ドライのレグ1ではSSウインこそ奪えなかったが、テクニカルなSS1およびSS3ではシュコダ・ファビアとのギャップも少なく、レインのレグ2にいたってはSS5で鎌田がSSウインを獲得しただけに、ステージやコンディションによっては、スバルWRXを駆るトップランカーたちが、シュコダ勢に肉薄する走りを披露したことを証明した。

 つまり、R5はプライベーターにとって、ちょうど良い“ハンディ”で、新城ラリーを見る限り、十分にJN1クラスはコンペティティブなクラスとなっているように思う。

 加えていま大会で目立った成績を残せなかったが、トヨタのニューマシン、GRヤリスも熟成が進めば十分にトップ争いが進んでくるに違いない。新城ラリーは欠場したものの、次戦以降は豊富な実績を持つ奴田原文雄も自身が率いるチームよりGRヤリスでの参戦を開始するだけに、トヨタGAZOOレーシングの勝田とともに上位争いを左右するはずだ。

 したがって、R5解禁の“功”は、やはり迫力あるレーシングマシンのアクションを日本で見られるようになったことで、“罪”に関しては、今のところ見当たらない。もちろん、新井親子や鎌田、勝田、奴田原の上位ランカーがR5を導入すればワンサイドゲームが予想されるだけにJN-Rクラスの設定が必要になりそうだが、今のところはJN1クラスとして激しいポジション争いが展開されているだけに、今後の動向に注目したいものだ。