シトロエンC5エアクロスSUVが改良! LEDヘッドライト標準化やガソリンエンジンの燃費が向上

安全性向上や質感アップでさらに魅力的な仕様に

 グループPSAジャパンは、シトロエンC5エアクロスSUVを仕様変更し、魅力を高めて4月8日より発売した。シトロエン100年余の歴史で、つねに追求してきたコンフォート性能を現行モデルでもっとも色濃く反映しているのが、C5エアクロスSUV。プログレッシブ・ハイドローリック・クッションやアドバンストコンフォートシートなどで卓越した乗り心地を追求し、SUVマーケットにロングツーリング性能と快適性という新しい価値観を示している。

 今回の改良では、全グレードにおいてLEDヘッドライトを標準装備に。また、ディーゼルエンジン搭載モデルに設定されている、ナッパレザーパッケージオプションのシート&トリムカラーをブラウン&ブラックからブラック&ライトグレーに変更した。

 また、ガソリンエンジンモデルは欧州の排ガス規制であるEuro6.3に対応するべくエンジンマネージメントの見直しにより、WLTCモード燃費が13.8km/Lから15.0km/Lへ、約9%燃費が向上している。グレード構成と税込価格は下記の通り。

●ガソリンエンジンモデル
C5 AIRCROSS SUV SHINE 420万円

●ディーゼルエンジンモデル
C5 AIRCROSS SUV SHINE BlueHDi 439万円
C5 AIRCROSS SUV SHINE BlueHDi ナッパレザーパッケージ 476万円