衝撃のハイパフォーマンスが激安で買える! 庶民でも手が出せる「バカッ速」なのに「安い」中古車4選

中古のなかにもコストパフォーマンスの高いモデルが存在する

 新型コロナウイルスの影響は経済にとってはマイナスというイメージが強いが、意外なところで新型コロナウイルスによってポジティブな状況になっているのが中古車市場。密にならない移動手段としてマイカーが再評価されているなかで、新車をオーダーするよりも納車までの期間が短いこと、また予算的な都合もあって中古車を求める人が増えている。つまり中古車価格は上昇気味となっている。

 また、新型コロナウイルスとは関係なく、自動車の電動化が進むなかでネオクラシック世代のエンジンの鼓動が感じられる車種の人気も高くなり、平成初期のモデルともなれば新車時を超えるプレミア価格をつけている個体も少なくない。いずれにしても、中古車でお買い得な車種は減っている印象が強い。

 そんななかでも、中古車らしく順当に価格を落としているモデルも存在している。今回は、そうした手の届きやすい価格帯のモデルから、1万円当たりの馬力を算出、いわゆるコスパに優れて見えるハイパフォーマンス系モデルをピックアップしてみた。

1)レクサスIS F
平均相場250万円 最高出力423馬力/1万円当たり1.7馬力

 というわけで、いの一番に紹介したいのがレクサスIS Fだ。レクサスのスポーツブランドである「F」の名前を最初に冠した市販車として2007年に誕生した同モデルの心臓部は、ご存知「2UR-GSE」型V8エンジン。最高出力は423馬力となっている。

 このパワーを後輪だけで受け止めるというのだから、レクサスでありながら猛々しい個性を持っている。そして新車時価格は750万円を超えていたIS Fの平均相場は、順当に下がっており、現在は250万円あたりが平均相場となっている。1万円当たり1.7馬力というのは、かなりのコストパフォーマンスといえそうだ。

2)フォルクスワーゲン・ゴルフR
平均相場150万円 最高出力256馬力/1万円当たり1.7馬力

 同じく1万円当たり1.7馬力という高コスパを示すのが2010~2012年という短い期間しか販売されなかった先々代のゴルフRだ。現在まで続く、この車名としては最初のモデルとなる。その心臓部は256馬力の2.0リッター 4気筒ターボ、駆動系は当然ながら4WDだ。

 トランスミッションは6速DSG(DCT)となっている。そんなゴルフRの平均相場はなんと150万円。新車時には500万を超えていたモデルではあるが、10年以上経っていると考えれば妥当だが、まさしくコストとパフォーマンスを考えると非常にお買い得に見えてくる。

手の届きやすい価格のハイパフォーマンスカーも!

3)ホンダ・レジェンド
平均相場285万円 最高出力382馬力/1万円当たり1.3馬力

 コスパに優れるハイパフォーマンスカーというのは10年落ちとは限らない。先日、世界初の自動運転レベル3自動運行装置を搭載したことで話題となったホンダのフラッグシップ「レジェンド」の前期型(主に2015年式)は、かなり手の届きやすい平均相場となっている。

  

 新車時700万円近かったレジェンドを半額以下の285万円で狙うことができるのだ。3.5リッターV6エンジンと前後合わせて3個のモーターを組み合わせた「スポーツハイブリッドSH-AWD」のシステム出力は382馬力、つまり1万円当たり1.3馬力と計算できる。最新モデルと比べるとフロントマスクこそ変わってしまっているが、ボディとしては現行型であり、この価格帯で入手できるのは本当にお買い得だ。

  

4)メルセデスAMG A45:平均相場300万円 最高出力360馬力 1万円当たり1.2馬力

 最後に紹介するAMG A45(先代)も年式として新しいながら非常にコストパフォーマンスに優れたモデルだ。2013年に国内導入されたA45の心臓部は、4気筒エンジンとしては世界最高水準のハイパワーユニットである「M113」は高ブーストにより360馬力を発生。すなわちリッター当たり180馬力の強心臓である。

 当然、駆動系は4WDとなり、そのパワーを余すことなく路面に伝えるという超ホットハッチだ。新車時価格は600万円オーバー、オプション次第では800万円にも届くというほど高価なAMGモデルだが、現在の平均相場は300万円程度と、庶民にも手の届きそうな価格帯となっている。1万円当たりの主力を得計算すると1.2馬力、なかなかコストパフォーマンスに優れた一台となっている。

 ということで、4台の高コスパカーを紹介してきたが、実際に購入を検討するというのであれば注意してほしいのがランニングコストだ。いずれも、もともとは高価なクルマで修理に必要な部品代は中古車価格から想像するよりもずっと高く感じるだろう。そうそう壊れるとはいわないが、そのあたりの心構えだけははしておきたい。

 またレクサスIS Fは年式的に新車登録から13年超となりつつある。いわゆる旧車増税の対象となってくる。4.5〜6.0リッターの自動車税はそもそも年額8万8000円と高いが、重課税になると10万1200円と痺れる税額になってくる点にも留意したい。

※平均相場は編集部が独自に算出したものです。