ミニ・クロスオーバーに新グレード「バッキンガム」を設定! ガソリンエンジン搭載のエントリーグレード

エントリーグレードながら装備が充実した魅力的モデル

 ビー・エム・ダブリューは、人気のミニ・クロスオーバーのラインアップに、高効率ガソリンエンジンを搭載する「ミニ・クロスオーバー・バッキンガム」を追加し販売を開始した。納車は5月中旬以降となり、メーカー希望小売価格(税込み)は、395万円。

 ミニ・クロスオーバーは、2011年にミニ・シリーズ4番目のラインアップとして誕生。現行モデルは2017年に登場し、2020年秋には外観デザインの変更や機能性を向上させている。

 新たに追加されるミニ・クロスオーバー・バッキンガムは、最高出力102馬力/3900rpm、最大トルク190Nm/1380-3600rpmを発生する1.5リッター直3ガソリンエンジンを搭載。WLTCモード燃費は13.7km/Lとなっている。

 エントリーグレードに位置づけられているが、新型マルチディスプレイメーターパネルやドライビングアシスト、リヤビューカメラやパーキングアシストなどを標準化し、装備内容が充実しているのも特長だ。そのほか、ユニオンジャックをモチーフとした専用デザインのサイドスカットルを装備し、特別感も演出している。(写真は既存のミニ・クロスオーバーのラインアップ)

【ミニ・クロスオーバー・バッキンガム主要装備】
専用サイドスカットル※
専用リヤステッカー※
メタリック・ペイント/ボディカラー・ルーフ&ミラーキャップ
ルーフレール
16インチリヴォレットスポークシルバー
クロスファイヤーワークカーボンブラック
スポーツレザーステアリングホイール
インテリアサーフェスヘイジーグレー
オートマチックオペレーション・テールゲート(イージーオープナー機能付)
コンフォートアクセス
フロント&リヤアームレスト
ストレージコンパートメントパッケージ
自動防眩ルームミラー
LEDヘッドライト(コーナリングライト付)
ナビゲーションシステム
マルチディスプレイメーターパネル
ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーウォーニング)
アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)
MINI Connected(有効期間:3年間)
ドライビングアシスタントパッケージプラスMINI
リヤビューカメラ
パーキングアシスト/PDCフロント&リヤ
※:ミニ・クロスオーバー・バッキンガム専用装備品。