未使用中古車か認定中古車かそれとも? 人気車の「長期納車待ち」の有効対策とは

納期遅延を嫌がる人のために登録済み未使用車を用意することも

 たとえば、アメリカでは商談を進め、値引きなどの条件で折り合いが付き契約を結ぶと、購入した新車をそのまま乗って帰ることができる。いままで乗っていたクルマから、その場でセールスマンなどディーラースタッフにも手伝ってもらいながら、荷物を新車に移し変えるのだが、日本人にとっては不思議な光景に映るとのこと。これは、アメリカではディーラーが持つ在庫車から買うのが大原則なため。

 わかりやすくいえば、日本で自転車専売店やホームセンターなどへ行き、“ママチャリ”など一般的な自転車を購入する場合には、そこに置いてある展示車から選んで購入する人が大半なはず。アメリカにおける新車購入は、感覚的には日本での自転車購入に近い。そのため、アメリカのディーラーは広大な敷地に在庫車を多く展示している所が大半。在庫数が多いということは選択肢が多いことになり、お客もたくさんくるので、新車がよく売れることになるのである。

 新車購入時に公道を走ることができるように登録手続きはするものの、ライセンスプレートは後日届けられることになり、南カリフォルニアでは過去には一定期間ライセンスプレートが届くまでは、プレートなしでも公道を走ることができたのだが、いまは暫定プレートのようなものをつけて走行しているようだ。

 ところ変わって日本は、受注生産が大原則。とはいうものの、日産やホンダはディーラー在庫車販売がメインになっていたりするが、“ジャストインタイム”で、ディーラーが在庫をほぼ持たないトヨタや、その他のメーカーでも大ヒットモデルともなれば、深刻な納期遅延となることは珍しくない。

 そのような状況を反映したわけではないが、いまどきは“なんちゃって新車”が多数流通している。その代表例が登録(軽は届け出)済み未使用中古車である。おもに、ライバルとの販売競争において、販売実績の上積みをはかる“調整弁”として、ナンバープレートのついていない在庫車を、ディーラー名義などで、“自社登録(軽は届け出)”することが、軽自動車ではとくに顕著なのだが、そのような自社登録(軽は届け出)車両が中古車市場に“未使用中古車”として流通するのである。

 新車で購入した場合と比べ、明らかに買い得感の高い販売価格にするために、自社登録(軽は届け出)してから半年ほど“寝かして”から流通させるのが一般的なので、店頭に並ぶころは“最新モデル”とはならず、改良前モデルとなることも珍しくない。

 ただ、新車で購入するための商談で引き出せる値引きよりは、買い得感が高まるのは確か。しかし、未使用中古車を販売する業者の多くは、中古車となるためローン金利が高くなっているので、「ローンを使って購入するなら新車のほうが買い得」となっている。ただし、いわゆるディーラーローンと呼ばれる、新車購入向けのローン並みに金利の低いローンを用意する業者も存在する。

認定中古車や展示車でも良いから早く納車したいという人も

 最近目立ってきたのが、新車ディーラーの敷地内などに置いてある“認定中古車”。だいたいは、試乗車や点検時の代車などに使われたものとなっている。初度登録(軽は届け出)してから、半年ほど経過したものが多いのだが、車内禁煙や走行距離が規定範囲を超えないようにするなど、管理が行き届いているのが特徴。

「新車で商談していて、どうしても値引きなどで折り合いがつかないとき、希望車に近い仕様の認定中古車があれば、おすすめすることがあります。『新車で買うより割安』としてご購入されるお客様も目立ちます」とは、現場のセールスマン。

 また、「展示車でもいいから早く乗りたい」というひともいるとのこと。過去には、展示車は販売用に仕入れた車両から選んでいたので、たまたま納車されたクルマが展示車だったということもあり、それが嫌な人は「展示車を納車しないこと」などと、注文書に一筆入れることもあったそうだ。

 展示車の何がいけなかったかというと、急ぎの修理などがあった場合に、展示車から必要な部品を拝借することが大昔にはよくあったそうだ。リクライニングを倒し、スタッフがタバコを吸ってリラックスするなどもあったようで、とにかくコンデイションについては不安要素だらけだったそうだ。

 しかし、いまではメーカーから仕入れる時には、展示や試乗用と、販売用はしっかり分けているので、知らないうちに展示車が納車されるということはなくなっている。また。そもそも展示にまわる車両はごく少数。

「ショールーム内に新車が置いてあるのが汚らしい」といった意見が最近は多いようで、さらに商談や点検待ちスペースの拡充のために、ナンバープレートをつけて、屋外展示車と試乗車の両方を兼ね備えるようにするのが一般的となっている。まあ、コロナ禍のいまでは、不特定多数のひとが触ったり、乗りこんだりした展示車を買おうと考えるのは難しいかもしれない。

 納期遅延を限りなく避け、新車にすぐ乗りたいならば、発売前に予約という形で契約するのがもっともおすすめ。ウエブサイトや自動車専門誌などで、ニューモデルのデビュースケジュールを確認し、取り扱いディーラーへ「何か情報が入ったら教えて」と伝えておけば、セールスマンから情報提供があるはず。

 しかも、本格的な生産を控え、売れ筋グレードやボディカラー、よく選択されるオプションなどの情報収集も兼ねて、予約受注を積極的に行うメーカーが多い。そのため、発売直後に購入するよりは、発売前のほうが用品の無料サービスや、下取り査定額の上乗せなどが充実し、買い得に購入することができるケースが多い。また、早ければ早いほど当然納期が早いし、希望仕様が初期ロッド(最初に配車される枠)にあれば、それこそ最速で納車されるので、納期遅延に巻き込まれることもなくなるのである。