激速レース車と市販車ベース車が混在! 超一流ドライバーからアマチュアまで参戦する「S耐」が面白すぎると評判だった

スーパーカーからコンパクトカーまで多種多様なマシンが参戦

 世界最速のGTレースと謳われるGT500クラスに加えて、豊富な車種バリエーションを誇るGT300クラスの2クラスが設定されている「スーパーGT」は、国内最大級の人気を誇るシリーズとして知られるが、先日の富士24時間レースで注目を集めた「スーパー耐久」も個性的で、日本独自のハコ車の耐久レースとして独自の魅力を持っている。

 まず、スーパー耐久の特徴のひとつが、独自のレギュレーションを採用していることだろう。スーパーGTのGT500クラスはクラス1規定を採用し、GT300クラスは国際規定であるGT3と日本独自のGT300規定(旧JAF-GT規定)およびGT300MC規定(旧JAF-GT MC規定)を採用しているが、スーパー耐久はGT3、GT4、TCRといった国際規定に加えて、JAFおよびSTO(スーパー耐久機構)が設定した独自の規定を採用している。

 さらに排気量や駆動方式に応じて、クラスを細分化することで、2021年は合計9つのクラスが設定されており、国際規定の定番スーパーカーから日本独自のコンパクトカーまで、まさにスーパー耐久はさまざまなマシンが参戦するシリーズとなっている。

 なかでも、注目を集めているのが、2021年に新たに設定されたST-Qクラスだといえるだろう。同クラスは“STOが参加を認めたメーカー開発車両または各クラスに該当しない車両”を対象としており、第3戦の富士24時間レースでトヨタの水素エンジン搭載車「カローラH2コンセプト」がデビューしたことは記憶に新しい。さらに次期GT4車両ともいえる開発モデルの「トヨタGRスープラ」が参戦するなど、リリース前のマシンが登場したことで話題を集めた。

 また、“ST2車両からST5車両以外の車両”を対象にしたST-1クラスもスーパー耐久ならではのクラスで、トヨタGRスープラのほか、日本では発売前のモデルとなる「KTM X-BOW GTX」やBMWのカスタマーレース用エントリーモデルとしてリリースされている「BMW M2CS Racing」がエントリー。他のレースシーンでは見ることができないマシンが参戦していることもスーパー耐久の特徴といえるだろう。

ドライバーの顔ぶれも幅広くドラマチックなバトルが期待できる

 そのほか、“2001cc〜3500ccまでの4輪駆動車および前輪駆動車”を対象とするST-2クラスでは「三菱ランサーエボリューション」、「スバルWRX STI」、「トヨタGRヤリス」といった4WDターボに加えて、「ホンダ・シビック・タイプR」が参戦するほか、“2001cc〜3500ccまでの後輪駆動車”で争われるST-3クラスには「日産フェアレディZ」や「レクサス RC350」に加えて、4ドアセダンの「トヨタ・クラウンRS」が参戦するなど、多彩な車種バリエーションを誇る。

 “1501cc〜2000ccまでの車両”を対象とするST-4クラスは現在「トヨタ86」のワンメイク状態だが、“1500cc以下の車両”を対象とするST-5クラスには「ホンダ・フィットRS」、「マツダ・デミオ」、「マツダ・ロードスター」などコンパクト車両が参戦していることもスーパー耐久ならではの特徴だ。

 もちろん、前述のとおり、国際規定モデルも各クラスで活躍している。たとえば“GT3公認車両およびGT3規格に準ずる車両”を対象とするST-Xクラスでは「日産GT-R GT3」や「レクサスRC F GT3」、「ホンダNSX GT3」、「アウディR8 LMS」、「マクラーレン720S GT3」、「アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3」などのGT3モデルが最高峰クラスとして総合優勝をかけたハイスピードバトルを展開。

 さらに“GT4規格車両およびGT4規格に準ずる車両”で争われるST-Zクラスには「メルセデスAMG GT4」や「BMW M4 GT4」、「ポルシェ718ケイマン GT4 CS」、「アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT4」、「アウディR8 LMS GT4」、「トヨタGRスープラ GT4」が参戦。また“TCR規格車両およびTCR規格に準ずる車両”を対象とするST-TCRクラスには「ホンダ・シビック・タイプR TCR」が参戦している。

 集うドライバーもスーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍するプロドライバーが「プラチナドライバー」として参戦するほか、数多くのアマチュアドライバーが「ジェントルマンドライバー」として登場するなど幅広い顔ぶれで、それゆえにドラマチックなバトルが展開されることも珍しくはない。

 クラス設定が豊富で、マシンのラインアップが豊富なところは、ニュルブルクリンク24時間レースに通じるポイント。加えてスーパー耐久は24時間を筆頭に5時間や3時間などの長時間をかけて争われることから、スプリント化しつつあるスーパーGTと違って、耐久レースならでは面白さを味わえるはずだ。

 スタートからフィニッシュまで真剣にバトルを見てなくても、いろんなクルマがいろんなエキゾーストを響かせながらサーキットを駆け抜けるシーンはレースファンだけでなく、幅広い層が楽しめるだけに、“偉大なる草レース”として観戦してみてはいかがだろうか?