超大人気の「新型ヴェゼル」を「先代」と6つのポイントで徹底比較! ちょっとした「死角」も見えた

ボディサイズ感や車内空間は先代の方が良い面も……

 新型ホンダ・ヴェゼルが絶好調だ。予約受注から2カ月で約3万台の受注があり、最上級のPLaYグレードともなれば、納期は来年というぐらいである(半導体不足も影響しているはずだが)。ここでは、そんな新型ヴェゼルを先代モデルと徹底比較してみたい。新型がすべて良くなっている……はずだが、じつは、先代オーナーにとってちょっとがっかり!? な部分がないでもないのである。

1)スタイリング

 まずはスタイリングだが、新型は2ランク上級になった印象だ。水平基調のサイドライン、低全高で、初代ヴェゼルから目指しているクーペシルエットのクロスオーバーSUVらしさが増幅。欧州プレミアムSUVに負けない存在感を示している。

 ボディサイズは全長4330×全幅1790×全高1590mm。先代が全長4295×全幅1770×全高1605mmだったから、全長、全幅ともに拡大し、逆に全高は15mm低くなっている。なお、ホイールベース2610mmは変わらない。ところで、すでに自宅の駐車場や様々な駐車スペースに止めた経験から言わせてもらうと、先代のコンパクトクロスオーバーSUVらしさはやや後退。1790mmの全幅は今では特別幅広くはないのだが、先代の車幅に慣れていると、狭い場所では幅広さを感じることになる。たかが20mmではあるのだが……。

2)走破性

 SUVとして気になる走破性については、新型が圧倒すると考えていい。クロスオーバータイプのSUVのHVモデルでは、リヤモーターだけで後輪を駆動するモデルがほとんどだが、新型ヴェゼルのe:HEV、リアルタイムAWDはなんと、センタータンクレイアウトの恩恵もあって、後席ほぼフラットフロアの実現と同時に、後輪にプロペラシャフトを介して大トルクをダイレクトにつなぐ構造を新採用。結果、140km/hまで対応するAWD性能が飛躍的に向上している。

 最低地上高は先代の2WD:185mm、AWD:170mmから、新型は2WD:185-195mm、AWD:170-180mmとなった。新型の最低地上高に2種類の数値があるのは、16/18インチのタイヤサイズのうち、後者は18インチタイヤ装着車となり、最低地上高にさらなる余裕がもたらされているのだ。なお、最小回転半径5.3〜5.5mは先代(16/17インチタイヤ)と変わらない。

3)インテリア

 インテリアに目を向けると、新型は前後席の頭上のほとんどの面積がガラス張りとなるパノラマルーフを用意。これは先代モデルに望めなかった装備、室内の解放感貢献のキモになる。後席足もとの広さにしても、身長172cmの筆者のドライビングポジション背後に着座すれば、先代比+35mmもの、約290mmもの膝まわり空間が確保されているのだから、くつろぎ感は大きく進化していると言っていい。

 シートサイズはと言えば、運転席の場合、先代はシートクッション長490mm、クッション幅500mm、シートバック高610mmから、新型は同520mm、510mm、640mmにまで拡大。とくに背中を包み込むような着座感、かけ心地の良さでは先代モデルを圧倒する。

 膝まわり空間が広がった後席は、先代がシートクッション長490mm、クッション幅1250mm、シートバック高630mmから、新型は同490mm、1260mm、620mmとほとんど変わっていない。しかし、フロアからシートクッション前端までの高さ=ヒール段差は、先代の355mmから340mmに低まっている。これは全高、室内高(1265mmから1225〜1240mm)が影響しているはずで、自然な着座姿勢、立ち上がり性という点では先代のほうが有利と見ていい部分なのである。

 ただし、である。先代ユーザーのお気に入りポイントのひとつでもあったはずの、スーパーカーやエキゾチックカーのセンターコンソールを思わせた、ハイデッキコンソール、その下のフロントコンソールポケットやハイデッキコンソール後端にあるマルチユーティリティドリンクホルダーの使い勝手など、デザインの良さだけではない使い勝手の遊び心!? はもはやなし。上級グレードにあったインパネまわりの上級感あるスウェード調の張り物もなしだ。

 さらに言えば、ルーフを低めたおかげで、スタイリッシュさは増したものの、室内高もまた低くなり、身長172cmの筆者が運転席に着座すると、頭上スペースは先代の190mmから、新型は170mm、後席でも、先代の125mmから115mmに減少。天井が迫る……ほどではないが、頭上方向の広さ感ではやや後退していると言っていい。

新型では先進技術も大幅に進化している!

4)ラゲッジ

 ラゲッジルームはどうなっているかと言えば、まず、荷物の出し入れやペットの乗降性にかかわる開口部地上高は、実測で先代が650mm、新型は690mmと、40mm高くなっている。それでもSUVの平均値内だから、決して高すぎることはないのだが(CR-Vは665mm)、重い荷物の出し入れ性という点では(新型は段差が減少しているが)、先代が優位だったと言えそうだ。

 フロア自体の寸法、高さも先代のほうに余裕があり、筆者の実測では、先代が開口幅1180mm、開口高900mm、フロア幅1000mm、フロア奥行き790mm、最低天井高830mmに対して、新型は同970mm、775mm、1010mm、755mm、780mmと、フロア幅以外は狭く、低くなっているというわけだ。それでもアウトドアをはじめとするラゲッジルームの使い勝手、積載性に大きく影響することはないだろうが、先代ユーザーが乗り換えたとしたら、今まで積めたものが、積めない……なんていう可能性も否定できない。

5)安全性能

 基本的な安全装備はもちろん、ホンダセンシングの進化も、新型は著しい。とくに電子パーキングブレーキの採用でACCが渋滞追従機能付きとなり、その作動もホンダ最上級のレベルになったことや、電子パーキングブレーキと合わせて装備されるオートブレーキホールド機能が、なんと、なんと、ホンダ初のメモリー機能付きになったのが嬉しすぎるポイントなのである。

 これまでのホンダ車の一部についていた、信号待ちやスーパーマーケットなどの料金所で大いに役に立つ、ブレーキを踏み続けなくても停止保持してくれるオートブレーキホールド機能は、エンジンを切ると、失礼にも勝手にOFFになり、再度、ONにしなければならなかったのである。この点については、直近デビューのホンダeの開発責任者もくやしがっているほどだ。

 加えて、ホンダコネクトの便利さ、先進感も新型ならではの魅力と言っていい。デジタルキーのキーとしての使い勝手はともかく、スマホから、あらかじめエアコンを作動させられるリモート操作については、暑い時期、寒い時期に大活躍してくれるに違いない。

6)走行性能

 最後に、走行性能については、広く試乗レポートでも報告されているように、新型圧勝と断言できる。先代モデルはそのデビュー当時からモデル末期に至るまで、スポーティーさをアピールしようとしてか、あまりにも乗り心地が硬く、操縦感覚も骨太すぎ、というか、ハードだったのである(モデル末期に登場した、欧州仕様の足まわり、ボディ補強を施したツーリンググレードはすごくよかったのだが)。

 しかし新型、とくにAWDモデルは、あえて足まわりをコンフォート寄りにセッティングし、クラス最上の快適、上質な乗り心地を実現しているのである。先代モデルで乗り心地に不満の合ったユーザーが新型に乗り換えるとしたら、ぜひ、FFとAWDの乗り心地を比較してみて欲しい。AWDモデルの走破性の高さとともに、進化幅がより大きい絶品の乗り心地に感動できるはずである。もはや、ハイデッキコンソールがなくなったことや、車幅問題、室内高問題など、どうでもよくなるはずである。

 個人的なおすすめグレードは、e:HEV AWD限定、ZかPLaYである。実際に手に入れるなら、ボディカラーは新型ヴェゼルをよりスタイリッシュに見せてくれる、アースカラーのサンドカーキ・パール&ブラックか、TVCMに登場するプレミアムサンライトホワイト・パール&ブラックで悩む。

 あっ、2トーンカラーが欲しいとなると、納期の長さに難ありのe:HEV PLaYグレード限定になってしまいますけれど……。