2030年には4台に1台がEVになる! EVもPHEVもHVもひとつのアーキテクチャーから生み出すマツダの次世代テクノロジー発表

マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャーを確立させる

 マツダが、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。

 すでに、2030年時点での生産における電動化比率を100%にすること(そのうち純EV比率は25%を想定)を発表しているが、今回の発表は2050年カーボンニュートラルに向けたSKYACTIVテクノロジーの進捗と方向性を示すものといえる。

 その特徴を一言でいえば、多様な用途に対応できる基礎技術の確立をテーマとしていることだ。そうした方向性は、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づくものだが、それをマツダでは「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」と呼んでいる。

 ようはBEV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド)、HEV(ハイブリッド)といった様々なパワートレインをひとつのアーキテクチャー(プラットフォーム)の上で実現しようというものだ。それぞれ専用アーキテクチャーを開発するという手もあるが、マツダのスケールでは、マルチソリューションに対応する基礎技術を磨いた方が得策というわけだ。

 では、実際にはどのような商品計画となっているのだろうか。

 マツダでは、「SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」に基づく商品として、ハイブリッドモデル5車種(トヨタからのOEM車含む)、プラグインハイブリッドモデル5車種、そして電気自動車モデル3車種を、日本、欧州、米国、中国、アセアン市場などに2022年から2025年にかけてローンチすることを発表した。

 SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャーについては、エンジン横置きのスモール群とエンジン縦置きのラージ群という2グループを用意する。とくにラージ群においては直列6気筒エンジンを新開発するという。これまでのマツダのラインアップから見ると、より高級路線となるモデルが出てくることは間違いない。

 このようにエンジンにも開発リソースを割くわけだが、BEV専用アーキテクチャーの開発が進んでいることも発表している。

「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」と名付けられた技術は、マツダが得意とするモデルベース開発のノウハウを活かしたもので、トレッドやホイールベースをニーズに合わせて調整可能なプラットフォームを生み出すという意味だ。

ドライバーの危機を救うコ・パイロット技術も開発中

 今回、発表されたイメージ映像によると、EV専用アーキテクチャーは前輪駆動を前提としているようだ。このテクノロジーをベースに、2025年ごろから2030年にかけて複数の電気自動車を市場導入する予定となっていることも発表された。

 さらにe-fuelやBio-fuelといったカーボンニュートラル燃料も開発することで、全方位的にカーボンニュートラルに貢献するモビリティを生み出すというのがマツダの方針だ。

 このようにパワートレインの選択肢を広げることが、今回の発表の中心だったが、自動車業界で注目されている自動運転技術についてもマツダらしいアプローチを示した。

 それが「マツダ コ・パイロット コンセプト」だ。

 クルマの中に機械のコ・パイロット(副操縦士)が存在するというイメージで、メインパイロットであるドライバー(人間)が居眠りや体調不良などで意識を失ってしまったときに安全にクルマを停止させるというテクノロジーを開発しているのだという。

 具体的には、自動車専用道路においては自動運転技術によって路肩に退避、一般道では車線上で停車するというのが第一段階。その後は、一般道でも安全な場所を見つけて退避・停車することを目指している。同時に、停止したときにSOSコールを発するという仕組みもコ・パイロット コンセプトには含まれている。

 すなわち、マツダの自動運転技術は基本的にドライバーファーストで開発している。ドライバーから運転する楽しみを奪うことはないというのがマツダの方針といえる。

 こうした考え方は、電動化についても通じるはずで、マツダらしい電動化パワートレインの誕生や進化に期待したい。