やっぱりクルマはFRでしょ! いま思う存分イジって走りたい人が選ぶべきクルマ4選

FRならスポーツカーの醍醐味を思う存分味わい尽くせる!

 サーキットをはじめ、バンバン元気よく走りたい。できればパワースライドも……となると、やはりFRスポーツが望ましい。

 ふた昔前なら、AE86やシルビアのように、価格が手ごろでチューニングパーツも豊富でイジりやすいクルマが多かったが、これからイジって、ガンガン走るとすれば、どんなクルマをチョイスすればいいのか。ひとついえるのは、思いっきり走りを楽しみたいのなら、古いクルマは避けること。

 たとえばS15シルビアだと2002年に生産が終了しているので、一番新しくても19年前のモデルになる。そういうクルマで元気よく走ると、あちこちトラブルが出てくる心配も……。

 そういう意味ではできるだけ新しいクルマがおすすめ。

1)トヨタ86&スバルBRZ

 手堅いところでは、まず86/BRZ。

 中古車は180〜190万円ぐらいが相場なので手が出しやすいし(今後値上がりしていく可能性が大きい)、チューニングパーツもたくさんあって困らない。程度のいい個体を探して、遊ぶにはいいクルマだ。

2)マツダ・ロードスター

 また、新車で買えるNDロードスターも魅力。あのクラスで300万円だとちょっと高価な気もするが、ネジ一本まで全部新品というのはやはり安心だ。

 中古車だと220万円ぐらいが平均で、ひとつ前のNCだと100〜110万円が相場。中古のロードスターは価格が安く、非常におすすめだったが、このところ急に価格が上昇してきているので注意が必要だ。

 パッケージが秀逸で、FRのライトウエイトスポーツらしい軽快で素直なハンドリングが持ち味で、ドラテク練習車としての素性はピカイチ。

 チューニングパーツも山ほどあるが、ノーマルでも十分走りを楽しめる。

 ホンダのS2000も速くて優れたFRスポーツなのだが、中古車の平均価格が330万円と新車時並に高く、しかも純正補修パーツの製造廃止が進んできているので、おすすめ度が高いとはいえない。

名前を聞けば誰でもわかる名車も狙い目!

3)日産フェアレディZ

 もう少しパワーのあるモデルがよければ、フェアレディZ。

 もうすぐニューモデルが出るるが、現行車のベーシックモデルは新車で360万円。これはこのクラスとしてはかなりリーズナブル!?

 中古車だとZ34で250万円前後。Z33だと約100万円。日産車を得意とするチューニングショップは多いし、パーツにも困らない。

 日産車だと、CV35スカイラインクーペもおすすめの1台。

 Z33とプラットフォームが共有で、フロントミッドシップのFR。最終モデルが2016年で、比較的コンディションのいい個体が見つけやすい。中古車価格は130万円ぐらいが目安。

4)レクサス IS F

 もっと大きなエンジンでは、レクサスIS Fもターゲットに。

 バリバリのスポーツカーではないが、プレミアムスポーツセダンとして走りのレベルは相当なもの。中古車も230万円ぐらいになってきており、コストパフォーマンスは意外に高い。

 チューニングベース車両としてもポテンシャルがあり、FSWなどを走ると相当速い。

 ちなみにレクサスISの初代だと、中古車価格は70万円台になってきていてグッと手が届きやすくなる。クラウンベースのスポーツセダンだが、けっこう穴場的存在だ。

 レクサスのFRスポーツとなると、本命はRC Fだが、中古車でも500万円以上する車種なので、思いっきり走りを楽しむにはハードルが高い……。

 GRスープラも忘れてはならない1台だが、やっぱり価格が高いのがネック。新車で買えるし、トヨタのフラッグシップスポーツで、最新の本格FRスポーツなので完成度は高いが、予算に余裕がある人向け。

 中古車価格も高値で、640万円ぐらいが相場だ。