入れる場所がないから普及しない? FCVが普及しないから作れない? 高速道路に「水素ステーション」を作る「想像以上」のハードル

いつくるか分からないFCVのために24時間体制は敷けない

 高速道路のサービスエリア(SA)などに水素ステーションを設置できないのは、法規などの問題というより、設置できない状況があるからではないか。

 高速道路のガソリンスタンドは、いつ何時でも給油したいクルマがあれば対応しなければならない。24時間365日営業していることが基本だ。燃料がなく停止してしまうことになれば、高速からの事故につながりかねず、路肩などに停止してしまうクルマが増えれば、事故にならないまでも危険性が高まる。そこで、水素ステーションが営業していなかったということがあってはならない。

 一方、まだ普及台数が2019年3月段階で3000台強しかない燃料電池車(FCV)が、いつ水素を充填しに来るかは予測が立たない。それでも、水素スタンドを開くのであれば高圧ガス保安監督者が店に詰めていなければならず、しかも先にも話したように高速道路であれば24時間体制だ。それだけの人件費が掛る。

 FCVの普及が進まない段階で水素ステーションを開設すれば、そのための水素の運搬も計画が立てにくい。水素は、水素ステーションでは80MPa(メガパスカル=約800気圧)に高めないと、車載の70MPaの水素タンクに充填することができない。しかしながら、水素はもっとも小さく軽い元素なので、長期間貯めておくことができないので、必要な時に圧縮して圧力を高めることになる。それでも、比較的安定的に水素充填に訪れるFCVが見込まれれば、あらかじめ圧縮した高圧水素ガスを短期間貯めて置き、FCVがきたらすぐに充填すれば、5分前後で充填を終えられるだろう。

圧縮した水素は長時間貯めておくことができない

 ところがもし見込んだFCVが充填に現れなければ、圧縮した水素が失われていくことになる。つまり燃料を無駄に捨てることになる。一方、FCVが訪れてから水素を圧縮したのでは充填時間が長くなる。

 宇宙ロケットの打ち上げに際し、その直前に燃料の水素を充填するのは、水素が長期間貯めておくことのできない燃料だからだ。したがって、打ち上げが延期されれば、水素を入れなおすことになるのは周知のことだろう。

 水素という、もっとも小さく軽い元素を燃料として利用するには、そう簡単に事は運ばないのである。したがって、国内に百数十か所あるとされる水素ステーションも、そのすべてが常時営業しているわけではない。何割かは臨時の設備であったり、営業時間が短かったりして、夜間はほぼ営業していない。

 水素を扱ううえでの課題が山積しており、24時間いつでも対応しなければならない高速道路のSAなどに水素ステーションを開設するのは非常な困難を伴う。その困難さが、一般道を含めた水素ステーション整備の促進が計画通りに進まない理由でもある。

 一方、電気なら、日本全国電力網が整備されているので、電気自動車(EV)への充電拠点は、コンセントを据え付けさえすればどこにでも設置でき、高速道路のSAなどにもすでに整備が進んでいるのである。