ド新車が安く買えるが注意も必要! 「新古車」あらため「登録済み未使用車」の中身とは

この記事をまとめると

■登録済み未使用車とは、かつて新古車と呼ばれていたもの

■ディーラーがナンバーを付けただけの新車といえる

■登録済み未使用車を購入する場合のメリット・デメリットを解説する

ディーラーがナンバーを付けただけの新車

 中古車の物件を見ていると、よく目にするのが登録済み未使用車というもの。最近は専門店まであったりする。この登録済み未使用車というのがなにかというのはご存じの方もいると思うが、以前は新古車といわれていたもので、登録だけしたクルマのこと。実際のところは前にユーザーがいたわけではなく、ディーラーによってナンバーを付けただけなので、このような名称で呼ばれるのだ。

 背景にある理由はいろいろとあって、一番多いのは販売ノルマ稼ぎ。本当に試乗車落ちもあるが、メーカーから各ディーラーに課せられるノルマ達成のための自社登録で、とりあえずナンバーを付ければカウントされるし、ノルマが達成できれば報奨金(インセンティブ)も出るのでなおさらだ。先日引退したスズキの鈴木修氏が「お行儀のよくない売り方はやめる」といっていたが、なかなかなくならないのはやはりディーラーにとって切実な問題だからだろう。

 登録済み未使用車というと、軽自動車のイメージが大きいが、ほとんどのメーカーであるし、普通車もある。また、輸入車でもよく行われていて、物件もかなりたくさん出てくる。

 といった背景は別にして、実質的に中身は新車ながら、登録してある分、正確には中古車になるので、安く買えるというのはユーザーにとって大きなメリットだ。だから専門店も存在するのだろう。

 もちろんデメリットはあって、まずその場にあるものしか選べないということ。当然だが、車種だけでなく、グレードやボディカラー、その他装備など、一物一価だ。この点は買うほうもわかっているので問題ないだろうが、装備について要注意だ。

 要は登録すればノルマクリアなので、余分なオプションを付けないことが多い。レス仕様がある軽自動車ではオーディオがないことも珍しくなく、そのほかにフロアマットなども付けたら、新車と変わらない価格になった、ということもあるので注意が必要だ。

長期在庫で劣化する部分もあるのでチェックが重要

 そして車検は短くなってしまうのも当然ではあるがデメリット。数カ月短いだけならいいが、長期在庫車ともなると、けっこう残りが少なっていることもあるので、確認しておきたい点である。また、在庫しているとどうしても細かい傷が付くこともあるし、厳密にいうとゴム類などは劣化するので、やはり登録年月を確認したうえで購入したほうがいいだろう。

 ただ、この長期在庫車については、とくにディーラーが直接売っている場合やディーラー系の中古車店ではもて余していることも多く、早く売ってしまいたいのも事実だけに、商談で値引き交渉してもらえる可能性も高い。知り合いで、値引きをプラスしてもらっただけでなく、自宅納車、ホイール付きのスタッドレスセットをサービスしてもらったという人がいるが、かなり買って欲しくて売り焦っていた感じだったとのことだ。

 また新車保証が継承されるのも登録済み未使用車のメリットのひとつだが、出どころを消すためなのか書類が残っていない場合もあるので、この点も注意が必要だ。補助金関係については場合によっては減額されて適用されることもあるし、まったくない場合もあるので、この点も確認しておきたい。

 いずれにしても、その存在理由を前提にして、デメリットも頭に入れつつ、ポイントを押さえて選ぶといい買い物になる可能性は高いのが、登録済み未使用車だ。