ヤリスを抜きN-BOXが首位奪還! ワゴンRが急落! 6月の販売台数から見える最新自動車市場

久しぶりにホンダN-BOXがトップとなった

 自販連(日本自動車販売協会連合会)及び、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2021年6月単月の通称名(車名)別販売ランキングが発表された。さっそく登録車と軽自動車を合算した、総合販売ランキングを作成。すると、久々に、そして2021年になって初めてホンダN-BOXがヤリスシリーズに3000台ほど差をつけてトップとなった。

 半導体供給不足による納期遅延傾向はN-BOXのほうが目立っているとは聞くが、結果的にはヤリスは2位になってしまった。これは、7月19日の新型アクアのデビューや、カローラクロスの国内導入が確定的となっていることで、販売現場でも「何が何でもヤリスクロス」とならず、様子を見ていることもあり、ヤリス系の販売が鈍ったのかもしれない。

 またヤリス系は6月に生産調整を行うとの報道もあったので、それも影響しているのかもしれない。総合ランキングで6位、登録車のみでは4位に入っているアルファードは9151台を販売している。若干改良前在庫車も入っているようだが、改良後の出足は好調となっているようである。登録車のみのランキングでは、2021年になってから、1位ヤリスシリーズ、2位ルーミーという2トップが6月でも実現し、半年続いていることになる。

 半導体供給不足という逆風が吹いているなか、新型ヴェゼルは5692台を販売して、総合で14位、登録車のみで9位と好調な販売が続いている。ただ、フィットがここ数カ月極端な販売減となっている。6月3日に一部改良を行っており、モデルの端境期での販売減とも考えられるが、それにしては引きずりすぎているようにも見える。

 登録車のみのランキングでは、トップ10のうちトヨタ車は8台、トップ5はトヨタ車が独占している。トップ20にまで拡大すると、トヨタ車13台、ホンダ車3台、日産3台、スズキ1台となっている。一部の車種に偏らず、いかにバランスよく販売していくことが難しいかがわかる結果となった。

軽では“スズキの元気のなさ”が目立つ

 軽自動車のみのランキングでは、ワゴンRが前年比42.9%と極端に販売台数を落としているなど、スズキの元気がないのが目立っている。販売現場では早い時期から半導体供給不足の影響が出ているとも聞いているので、思うように販売台数が伸びなかったのかもしれない。

 新車販売市場全体をみると、含軽での新車販売台数は36万5631台となり前年比105.3%、2019年6月比でも約81%(2020年6月は2019年6月比で約77%)となっており、2020年6月も4月、5月の急落ぶりが嘘のように販売台数が回復していたが、引き続きコロナ禍とはいえ新車販売市場は堅調な回復を見せているようである。

 さて6月の販売台数が発表となれば、2021暦年(2021年1月から12月)での上半期(2021年1月から6月)の販売台数も出そろうことになる。2021暦年締め上半期新車販売ナンバー1は、2位のN-BOXに8561台差をつけてヤリスシリーズがトップとなっている(11万9112台)。気になるアルファードは5万6778台(月販平均約9463台)と、相変わらずの“お化け”ぶりを見せている。

 また軽自動車で気になる、DS戦争(ダイハツとスズキでのブランド別販売台数争い)の行方は、商用車も含む総合では、スズキに9962台差をつけてダイハツがトップとなっている。しかし、軽四輪乗用車では相変わらずダイハツはスズキに7382台及ばす2位となっている。商用車で販売台数を積み増しして、ダイハツがトップとなっているのが、ここのところ続いている。半期締めや年間締めなどでの総合ランキングではダイハツのトップが目立っているが、軽四輪乗用車でスズキに負け続けており、商用車でかろうじてトップを維持しているともいえよう。

2021年6月新車販売ベスト10

 1位 ホンダN-BOX(17479台)
2位 トヨタ・ヤリス(14937台)
3位 トヨタ・ルーミー(14337台)
4位 スズキ・スペーシア(9516台)
5位 トヨタ・カローラ(9189台)
6位 トヨタ・アルファード(9151台)
7位 ダイハツ・タント(9006台)
8位 ダイハツ・ムーヴ(8623台)
9位 スズキ・ハスラー(7241台)
10位 トヨタ・ハリアー(7235台)