ファンなら住みたい! スバル町にダイハツ町など「自動車メーカー名」が付けられた4つの地名

この記事をまとめると

■日本には自動車のメーカー名が町名になっている町がある

■ダイハツ町は居住者4名、トヨタ町は居住者797人、スバル町は居住者0名

■バイクメーカーのカワサキに由来する川崎町は全国に4ヵ所存在

メーカ名だけに留まらず街にまでなったメーカーを紹介!

 日本の自動車メーカーは社名には創業者の名前に由来しているものが多い。

 ホンダは本田宗一郎氏であるし、トヨタは豊田家が興したもので現在の社長は豊田章男氏だ。そのほかマツダ(松田)、スズキ(鈴木)、ヤマハ(山葉)、カワサキ(川崎)も創業者の苗字にちなんで名付けられた。

 逆に、地名に由来しているのは日野自動車(東京都日野市)といすゞ(伊勢神宮・五十鈴川)くらいのものだろうか。大阪発動機という愛称が元になっているダイハツも地名と言えば地名由来かもしれない。

1)ダイハツ町

 そんなダイハツの本社は大阪府池田市ダイハツ町にあることでも知られている。

 カタカナ表記であることからもわかるように、これは自動車メーカーとしてのダイハツありきの地名で、ダイハツ町が生まれたのは1961年。ダイハツ工業としての歴史は1907年にスタートしているので、地名のほうがずいぶんと若い。

 もっともダイハツ町が生まれたきっかけは、現在の場所(ダイハツ町)に本社を移転したことであり、基本的にダイハツ工業の敷地をダイハツ町として命名している。わかりやすいシンボルとしての地名命名というわけだ。なお池田市の発表によるとダイハツ町に住んでいるのは男性2名、女性2名の計4名・2世帯となっている。

2)トヨタ町

 それより古いのが愛知県豊田市トヨタ町だ。トヨタ自動車の本社と本社工場があるエリアがトヨタ町として整備されたのは1959年。その面積は、豊田市が公表しているデータによると174.4ヘクタール。人口は男性447名、女性350名で14歳以下の子どもは住んでいない(2019年7月)。

 住民の大半がトヨタの独身寮に住んでいるといわれているが、総世帯数が796世帯という数字も、それを証明している。

存在が偉大すぎて名前が追加された町がある

3)スバル町

 トヨタ町、ダイハツ町はいずれも昭和に生まれた町名だが、21世紀になって誕生したのが群馬県太田市スバル町だ。その誕生は2001年10月、当時は富士重工業という社名だったSUBARUの群馬製作所本社工場の敷地を、ブランド名からスバル町と命名した。

 これは地域として、基幹産業であるスバルの自動車作りを応援しようというものだったが、それにしてものちに富士重工業がSUBARUと社名を変えるとは、スバル町が生まれた段階では誰も想像していなかったことだろう。なお、太田市の発表によればスバル町に居住者はいないという。

 このように本社や有力事業所の所在地にブランド名を想起させる町名を付けるというのは地方自治体にとって法人税の大口納税者であることを考えると、ある種のリスペクトともいえるし、またその地域における誇りやシンボル、また地元愛の醸成という点でも意味があるのだろう。

4)川崎町

 その意味では、ここで紹介した3社以上に地元から愛されている企業がある。それがカワサキ・ブランドのバイクで知られている川崎重工業だ。同社の事業所で川崎町に存在しているのは3拠点もある。

 明石工場(二輪車など):兵庫県明石市川崎町1番1号
坂出工場(船舶など):香川県坂出市川崎町1番地
岐阜工場(航空機など):岐阜県各務原市川崎町1番地

 さらに神戸本社の所在地も兵庫県神戸市中央区東川崎町となっている。地元に愛されているという面もあるだろうが、それ以上に川崎ありきで開発された土地なので川崎町とつけることが自然であり合理的という面もあるだろう。

 なお、明石市川崎町の人口は1343名(男性:641名・女性:702名・614世帯)、坂出市川崎町は居住者ゼロ、各務原市川崎町の人口は未公開だが、工場敷地内に寮が存在しているのでゼロということはなさそうだ。