新型SクラスにV8+ISGの最上級モデルを追加! 「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」の予約受付を開始

この記事をまとめると

■新型Sクラスに「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」を追加

■最高出力503馬力、最大トルク700N・mの4リッターV8エンジン+ISG搭載

■「S 580 4MATIC」が1611万円、「S 580 4MATIC ロング」が1953万円

503馬力のV8ツインターボ搭載のSクラスが登場

 いつの時代も、その時点でメルセデス・ベンツの持てるすべての技術が投入され、世界の自動車の指標とされてきたSクラス。現行モデルとなる7代目Sクラスは、2021年1月に直6+48Vマイルドハイブリッドのモデルが導入されている。

 そんなSクラスに、4リッターV8ツインターボ+48Vマイルドハイブリッドの最上位モデル、「S 580 4MATIC」と「S 580 4MATIC ロング」が発表され、先行予約の受付を開始した。

 搭載される4リッターV8ツインターボは、最高出力503馬力、最大トルク700N・mで、低中負荷域で祈祷休止する機能を備えた燃費性能にも配慮されたユニット。このエンジンに最高出力20馬力(15kW)、最大トルク208N・mを発生するISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)が組み合わせられる。

 ISGは、回生ブレーキによる発電も行い、約1kWのリチウムイオンバッテリーに充電することが可能で、エンジンの低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現している。

 これにより、シフトチェンジに要する時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現している。

2021年9月以降順次納車で価格は1611万円〜

 また、「S 580 4MATIC」「S 580 4MATIC ロング」では、フルアクティブサスペンションのE-ACTIVE BODY CONTROLをオプションで選択可能。AIRMATICのシステムをベースに4輪それぞれに48V対応のアクチュエーターを追加し、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別制御することが可能となっている。

 さらに、ステレオカメラで前方の路面のアンジェレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を演算して準備するロードサーフェススキャンを採用。この機能により、タイヤへの初期入力から適切に減衰させるとともに、バネ上にその振動を極力伝えないようにすることで、フラットな乗り心地を提供してくれる。ダイナミックカーブ機能のCURVE3では、コーナリング時のロールによるバネ上の傾きを趨勢し、水平になるよう制御が働く。

 衝突安全性に寄与する機能も採用されており、側面衝突の可能性があると車両側が判断すると、運転席/助手席のバックレストのサイドサポートに内蔵されたエアクッションが展開され、ドアが乗員にぶつかる際のショックを軽減するだけでなく、E-ACTIVE BODY CONTROLが瞬時に車高を上げて頑強な構造部分であるサイドシルで衝撃力を受け止めることで、乗員を守る機能も備えている。

 価格は「S 580 4MATIC」が1611万円、「S 580 4MATIC ロング」が1953万円となる。

 なお、「S 580 4MATIC」および「S 580 4MATIC ロング」には新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・部品交換)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

 両モデルの納車は2021年9月以降を予定している。