家電と違って供給期限に決まりなし! 古いクルマの「命綱」純正部品の供給は「販売終了後」いつまでおこなわれる?

この記事をまとめると

■パーツの供給は生産終了からおおよそ10年前後が多い

■近年では一部の人気車種にパーツ復刻プロジェクトがある

■パーツが出ない場合はリビルト品や社外品で対応するのが得策だ

パーツ保管の期間に決まりは「ない」! ただし……

 クルマの寿命が延びている。自動車検査登録情報協会の資料によると、令和2年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.51年となり、5年連続の増加で過去最高となったとのこと。そして第二世代のスカイラインGT-Rをはじめ、FD3Sなど1990年代の国産スポーツカーの人気が上昇。中古車価格が高騰してきている。

 こうしたなかで心配になってくるのは、純正補修部品の供給期間。

 家電製品の場合、経済産業省からの指導もあり、製品の機能を維持するために必要な部品の保有期間を公表しているが、クルマの場合はどうなのか。俗に車体の生産終了後10年が目安などといわれているが?

 じつはクルマの補修部品の供給期限は自動車メーカーに任されている。経済産業省の自動車課に、「自動車の補修用性能部品の保有期間の規則やガイドラインはあるのか」と訊ねたところ『そうしたものはない』と回答された。

 トヨタのホームページにも、

 Q クルマの部品はいつまで供給されるの?

 A『出来るかぎり長く部品を供給できるように努めておりますが、何年間供給というのは一律に決まっていません。あくまで目安になりますが、工場装着の部品であればクルマの生産終了から約10年間となります。ただし、部品によってはそれより短いものもあります。また、販売店装着オプションの部品につきましては、クルマの生産終了後は部品の製造を打ち切りますのでトヨタの販売店での在庫のみとなります』

 と書かれている。

大人気な90年代のスポーツカーもまだまだ維持できる可能性あり

 第二世代のスカイラインGT-Rの製造廃止となっていた純正補修部品を、NISMOヘリテージパーツとして再供給する取り組みを始めた日産の場合、純正パーツの補修部品は車両の生産終了になってから一定期間を経て、出庫がないものから順次製造廃止。またディーラーオプションの場合「車体が生産終了になってから3年が目安になっている」とのことだった。

 というわけで、純正補修部品の供給期限は、メーカーごと、さらには車種ごとに大きな差があるのが現状だ。

 カーショップなどの声を聞くと、古いクルマでもわりとパーツが手に入りやすいのは、日産、マツダ、スズキなど。日産は前記のとおり、NISMOヘリテージパーツという形で部品供給をはじめているし(純正部品がヘリテージパーツに移行すると、価格がドンと高くなるが……)、マツダもNAロードスターのレストア・パーツ再販に加え、「CLASSIC MAZDA」という名称で、FC3SやFD3Sの復刻パーツの供給を開始。

 この復刻パーツに頼らなくても、FD3Sの場合、いまでも日常維持に必要なパーツの5〜7割は供給可能となっている。

 一方、製造廃止になるパーツが多くて困っているのはホンダ車! しかし初代NSXは例外的に手厚く部品供給を行なっていて、ビートも復刻パーツを出している。

 部品別に見ると、供給率が高いのは、一般部品、エンジン、ミッション、シャシー関係。製造廃止になりやすいのは、なんといっても内装関係。そして電装部品、外装部品と続く。

 メーカーで製造廃止になっても、人気の高い車種は、純正代替部品などが、社外品で出てくる場合もあり、スターターやオルタネーターなどの電装品やドライブシャフトなどは、「リビルト(再生)部品」が流通しているので、これらを利用するのもひとつの手。

 純正部品は毎年、春と秋に価格改定や製造廃止の発表があるので、古いクルマのオーナーは、その車種に強い専門店を主治医にして、メンテナンス計画を立て、部品の供給情報も教えてもらうようにするといいだろう。