テスラから乗り換える人が続出のタイカン! ポルシェの電動化戦略の「本気度」

この記事をまとめると

■2015年の発表のコンセプトカー「ミッションe」でポルシェは電動化を強くアピール

■タイカンはライバルを意識するのではなくポルシェらしさを追求して生まれた

■世界的にもテスラからタイカンに乗り換えるセレブが多い

プレミアムEVにポルシェのブランド力で切り込んだ

 ポルシェ初のEVモデル、タイカンに日本を含め世界各地のセレブから高い関心が集まっている。プレミアムEVといえばテスラが定番だったが、そこにポルシェが一石を投じた。

 時計の針を少し戻すと、2015年9月の独IAA(国際自動車ショー@フランクフルト)で登場したのが、コンセプトモデル「ミッションe」だった。

 筆者はショー会場で現車を目の前にした時、ポルシェのEVに対する本気度に対して半信半疑だった。なぜならば、それとほぼ同時期にフォルクスワーゲンではいわゆるディーゼル不正問題が発覚し、ポルシェ、アウディ、ランボルギーニなど、フォルクスワーゲングループ傘下の各ブランドの将来に対する不安がよぎったからだ。

 そのため、ミッションeはコンセプトモデルとして塩漬けになってしまうかもしれないと心配していた。
ところが、2016年になるとフォルクスワーゲングループはディーゼル不正問題に対する名誉復活を考慮した、大胆なEVシフト戦略を打ち出す。

 この枠組みの中で、VWブランドではID.シリーズが生まれ、そしてポルシェではミッションeの量産に向けた開発が急ピッチで進んだ。

例えEVであってもポルシェらしさを追求した

 そうしたポルシェEV開発が本格化し始めたころ、筆者はドイツで実施された大型リチウムイオン二次電池の国際カンファレンスを取材した。ランチタイムを含めて、ポルシェEVの開発担当者からポルシェが目指すEV技術の方向性について詳しく聞くことができた。

 彼はドイツの大手メーカーからミッションeの開発プロジェクトのためにヘッドハンティングされ、電池や充電に関する責任者を務めていた。筆者が「ライバルは当然、テスラ・モデルSになるのか?」と聞くと、「結果的にそうなると思うが、我々が目指すのはあくまでもポルシェらしいEVを追求することだ」と明快に答えてくれた。

 ポルシェには、パナメーラから本格導入されたプラグインハイブリッド車(E-ハイブリッド)があるが、EV専用プラットフォームのミッションeは「PHEVとは発想がまったく違う」として、とくに急速充電については「これまでにない高電圧系の方式に対応することがすでに決まっている」とも話してくれた。これがのちに量産される350kW急速充電システムとなる(日本では150kW対応)。

 各種報道によると、グローバルでテスラからタイカンへの乗り換えが進んでいるという。セレブにとって、ポルシェのEVに対する信頼と期待の高さを物語っていると思う。

 フォルクスワーゲングループは今後も、グループ全体のEVシフトの象徴として、タイカンを筆頭とするポルシェのEV化を強く推進していく。