名門アルピナから2台のSUVがパワーアップして登場! BMWアルピナXD3&XD4を発表

この記事をまとめると

■BMW X3とX4のマイナーチェンジによってXD3とXD4もマイナーチェンジ

■どちらも出力が向上し、よりハイパフォーマンスなSUVになっている

■どちらも予約受付中で、デリバリーは2022年春頃を予定

BMWの調律師「アルピナ」が仕立てる特別なSUV

 アルピナと言えば、BMWをベースに独自の技術を織り交ぜてさらにワンランク上のクルマに仕立てるスペシャリティブランドだ。日本でもファンが多く、知ってる人も多いだろう。

 そんなアルピナより、BMWのX3とX4をベースとして仕立て上げられた2台のSUV「XD3」と「XD4」がマイナーチェンジを敢行し、新たに誕生した。前者から見て行こう。

 まず「XD3」だが、こちらはベースとなるBMW X3がマイナーチェンジを敢行したことによって同社も追従した形だ。

 マイルドハイブリッドを採用し、出力やトルク特性も向上したディーゼルエンジンを搭載して、そこにアルピナの知見を織り交ぜた特別な1台に仕立てられている。ビ・ターボチャージングシステムを搭載した3リッター直6エンジンは22馬力アップの355馬力を発揮。トルクは3kgmアップの74.4kgmとなり、どこからでも力強い加速をするトルクを約束する。

 0-100km/hは4.9秒、巡航最高速度は254km/hという性能も自慢だ。

 サスペンションもマイナーチェンジに合わせてセッティングが取り直されている。タイヤはピレリの専用タイヤを装着し、サイズは20インチ。ブレーキは先代モデル同様、軽量なドリルド・ローターを採用する。なお、オプションで22インチの鍛造ホイールも設定されている。

 引き続き4WDを採用するが、スポーティなハンドリングと運動性能を実現するために後輪に出力がかかるようなセッティングになっているのもじつにアルピナらしい。

 なお、XD3に装備されているスポーツディスプレイには油温やブースト圧、Gフォースの表示が可能だ。

 また、BMWのアイデンティティでもあるキドニーグリルは、アルピナテイストを加えてブラッシュアップを敢行。そして、今回のマイナーチェンジによってリヤにはディフューザーも追加されて一層スポーティさが増している。

 予約は開始されており、日本への導入は2022年春を予定。正規輸入では右ハンドルのみの取り扱いで、価格は1162万円となる。

新しくなった「XD4」はよりパワーアップして安全装備も追加!

 BMW X3と同じくマイナーチェンジされたX4をベースとする「XD4」もマイナーチェンジを敢行した。

 クアッドターボシステムを採用した3リッター直6エンジンは6馬力アップの394馬力。トルクは3.1kgmアップした81.6kgmという圧倒的なトルクを発揮する。数値はまさにスーパーカーと並ぶ値となっている。

 0-100km/h加速は4.6秒、巡航最高速度は268km/hというSUVとしては破格の数値を発揮する。ミッションは、この圧倒的トルクに耐えられるように特別に設計されたZF社製の8速ATを採用する。

 また、今回のマイナーチェンジにより可変ダンパーの制御なども変更し、アルピナの名に相応しいスポーツ性能を目指して進化している。タイヤサイズは20インチという設定だが、オプションで22インチの鍛造ホイールセットも用意されている。ブレーキローターも先代モデルで好評だった軽量なドリルド・ディスクを採用する。

 4WD性能は、スポーツなハンドリング性能を実現するために後輪寄りに出力が回るように設定されているのもじつにアルピナらしいところだ。

 キドニーグリルもアルピナらしくブラッシュアップされたものが採用されており、リヤディフューザーも新たに設定されている。

 なお、XD4に装備されているスポーツディスプレイには油温やブースト圧、Gフォースの表示も可能となっており、走れるSUVを装備面でもしっかりと具現化している。

 予約は開始されており、日本への導入は2022年春を予定している。正規輸入では右ハンドルのみの取り扱いで、価格は1398万円となる。