199万円って安すぎないか? カローラクロスを「ほぼ同額の国産車」と比べてみた

この記事をまとめると

■トヨタからカローラベースのSUV「カローラクロス」が登場

■ガソリン車のエントリーモデルは199.9万円という非常に安い価格

■どのぐらい「割安」なのか国産の同額車4台と中身を比較

Cセグメントでこの値段は強烈!

 クロスオーバーSUVムーブメントに合わせて、ついに日本の国民車といえるブランド「カローラ」にもSUVバリエーションが追加された。1.8リッターエンジンのガソリン車とハイブリッド車を用意するCセグメントのSUVは、カローラというブランドに期待する価格帯に収まっている。なにしろ、ガソリン車のエントリーグレードは199万9000円というメーカー希望小売価格となっている。

※画像はハイブリッドモデル

 しかも、カローラクロスは全グレードに先進運転支援システム「トヨタセーフティセンス」を標準装備している。その内容は、昼夜の歩行者検知に対応した衝突被害軽減ブレーキ、渋滞に対応したACC(追従クルーズコントロール)、車線中央維持、自動ハイビームなど必要十分な機能を備えている。

 はたして、カローラクロスほどお買い得なモデルをほかの国産メーカーは用意できるのだろうか。ホンダ、マツダ、スズキ、スバルと4社のラインアップからカローラクロスと同じく車両価格200万円で狙えるモデルをピックアップして紹介しよう。

1)ホンダ・フリードB(FF)199万7600円

 カテゴリーとしては異なるが、クロスオーバーSUVと並んで、日本市場では人気を集めているのがスライドドア車。その代表格といえるのが、ホンダ・フリードだ。

 そのフリードには1.5リッターガソリンと1.5リッターハイブリッドが用意されているが、1.5リッターガソリンのエントリーグレード「B ホンダセンシング」のメーカー希望小売価格は199万7600円とカローラクロスと、ほぼ同じ予算感で狙うことができる。

 このグレードは2列目がキャプテンシート仕様の6人乗り仕様。グレード名からもわかるようにホンダの先進運転支援システム「ホンダセンシング」が備わっている。ただし、ACCは低速でキャンセルされるタイプでオーディオレス仕様となる。

 カローラクロスはベーシックグレードでも7インチのディスプレイオーディオが標準装備になる点と比べると割高にも思えるが、クロスオーバーSUVと3列シートミニバンが同価格というのは、比べたくなるユーザーも少なくないのでは?

※画像はGグレードのインテリア

 ちなみに、ホンダでいえばフィットe:HEV(ハイブリッド)のエントリーグレードである「BASIC」も同じ199万7600円だったりする。こちらはEPBが備わり、ACCは渋滞対応タイプとなるが、やはりオーディオレス仕様なので、実際に見積もりを出すとカローラクロスよりも高価に感じてしまうかもしれない。

 このようにカローラクロスのエントリーグレードは、コンパクトクラスと比べてもそん色ない価格となっている。ほかにも特色あるコンパクトカーと比べてみよう。

2)マツダMAZDA2 XD(FF)190万3000円

 国産車で唯一クリーンディーゼルを積んでいるMAZDA2の中間グレードXD Proactiveのメーカー希望小売価格はFFで199万1000円。衝突被害軽減ブレーキについてはMAZDA2も標準装備しているが、このグレードではACCはオプション扱いとなっている。

 なおMAZDA2の場合は、スマートフォンと連携するマツダコネクトが標準装備となっている上に、6スピーカーとなっているのはカローラクロスに対するアドバンテージ。じつはカローラクロスのベーシックグレードは2スピーカー仕様となっているのだ。

装備面で見るとカローラクロスは割安!

3)SUBARUインプレッサ(1.6 FF)200万2000円

 では、Cセグメントでカローラクロスといい勝負になるモデルはあるのだろうか。たとえば、SUBARU XVは1.6リッターガソリンエンジンのエントリーグレードでも220万円とずいぶんと高くなってしまう。ただし、XVの場合はAWDであることにこだわっているので、ガソリン車はコスト重視でFFしか用意しないカローラクロスと比べるのは適切ではないかもしれない。

 というわけで、XVのベース車といえるインプレッサスポーツの1.6リッターガソリン車に用意されているFF車の価格を見てみると、200万2000円となっていてカローラクロスとは3000円差。もしXVにFFを用意すると、おそらく同程度の価格になるはずだ。

 ではインプレッサスポーツの装備面でカローラクロスとの違いを見てみるとどうだろうか。スタンダードグレードであっても、スバルのコアテクノロジーであるアイサイトはもちろん標準装備。定評ある衝突被害軽減ブレーキ、渋滞にも対応するACC、EPBも備わる。歩行者用エアバッグも標準装備となるのは国産ではスバルだけだ。そのほかアルミホイールが標準装備となるのはカローラクロスに対するアドバンテージだ。

 ただし、インプレッサもオーディオレスが標準となっているため、カーナビなどを装着するとカローラクロスとの価格差は開いてしまうかもしれない。

4)スズキ・スイフトスポーツ(6速MT)201万7400円

 最後にまったく異なるカテゴリーの一台と比べてみよう。それが、いま国産車でもっともコスパのいいスポーツカーといわれるスズキのスイフトスポーツだ。

 最高出力140馬力の1.4リッターターボと6速MTを組み合わせたグレードのメーカー希望小売価格は201万7400円。奇しくも、140馬力という最高出力はカローラクロスの1.8リッターエンジンと同じ数値だ。

 スイフトスポーツはピュアに走りを求めたホットハッチだが、いまどきのモデルらしく先進運転支援システムの「スズキセーフティサポート」を標準で備える。MTであってもACC(低速ではキャンセルされるタイプ、AT車は渋滞対応タイプ)は標準装備だ。

 さらにスイフトスポーツの場合、スズキセーフティサポートをレスオプションとして外すことが可能で、その場合、メーカー希望小売価格は187万4400円まで下がる。スイフトスポーツもオーディオレス仕様となっているが、こうなるとカローラクロスと比べても割安感が出てくる。

 とはいえ、スイフトというBセグメントのコンパクトカーをベースとしたホットハッチなのは変わりなく、車格でいうとカローラクロスが圧倒的に割安に感じられるのは間違いない事実だ。