走りも安全性も抜かりなし!  新型「アウトバック」がユーロNCAPの2021年安全性能テストで最高評価を獲得!

この記事をまとめると

■新型アウトバックがユーロNCAPの2021年安全性能テストで9度目の最高評価を獲得

■各要件で基準点を上回るスコアを獲得し、テスト車のなかで一番高い得点を得た項目もある

■欧州仕様の評価ではあるが、国内版も同じ構造などを取り入れたモデルで販売される

「安心と愉しさ」を掲げるスバルだからこその評価を獲得!

 先日、日本での販売も決まった新型「アウトバック」が、ユーロNCAPの2021年安全性能テストで、最高評価である「ファイブスター」を獲得した(欧州仕様車)。スバルがユーロNCAPで「ファイブスター」を獲得するのは、2019年のフォレスターに続いて9度目となる。

 2021年の安全性能テストでは、「成人乗員保護」「子供乗員保護」「歩行者および自転車保護」「安全運転支援」の4項目において安全性能が評価される仕組みとなっており、新型「アウトバック」は全項目で「ファイブスター」認定の要件となる基準点を上回る点数を獲得するという自慢の安全性を披露。

 なかでも、「安全運転支援」および「歩行者および自転車保護」の項目では、2020年安全性能テストから適用された最新基準での評価を受けた全車種のうち、もっとも高い点数を獲得するという快挙を達成した。

新型アイサイトがより一層安全性を高めた

 今回「ファイブスター」を獲得した新型「アウトバック」(欧州仕様車)は、2021年に発売されたモデルだ。ステレオカメラを広角化して機能を向上させた「新世代アイサイト」を搭載しているのが特徴だ。また、万が一の衝突時に、自車乗員の保護に加えて相手車両へのダメージも軽減することを目的に、「セカンドロードパス構造」を取り入れ、衝撃吸収性能をさらに強化している。

 さらに、衝突時に自動でブレーキをかけ減速することで多重事故の危険を低減する「ポストコリジョンブレーキコントロール」をスバルで初めて採用するなど、衝突安全性にさらに磨きをかけた仕様となっている。

 今回の新型「アウトバック」(欧州仕様車)のユーロNCAP「ファイブスター」獲得は、スバルの継続的な安全性向上への取り組みの効果を実証するものともなっている。

 なお、2021年9月2日に日本で先行予約を開始した新型「レガシィ アウトバック」(日本仕様車)にも、新型「アウトバック」(欧州仕様車)と同様に、セカンドロードパス構造およびポストコリジョンブレーキコントロールを採用しているので、安心安全なドライブを楽しめる。

「クルマの安全」を探究し続けるスバルならではの評価を得た形となった。