悔しいが「アメリカが育てた」といっても過言じゃない! 日本じゃイマイチも北米で爆発的人気を誇る日本車3選

この記事をまとめると

■アメリカ市場の方が日本市場よりはるかに売れている車種がある

■軽自動車がアメリカにはないが故にセダンなどが親しまれやすい

■アメリカ優先になるのは、日本に比べて需要がはるかに多いからだ

アメリカがあったからこそ成功したクルマたちを振り返る

 なぜアメリカなのか? 新型Zや新型BRZ/86のワールドプレミアがアメリカで行われたことに、改めて疑問を持つ日本のユーザーも少なくないだろう。アメリカ優先になるのは、アメリカでの需要が大きいからにほかならない。

 近年の日本市場は、約4割が軽自動車という、他の仕向け地と比べて大きな違いがあり、乗用車でも欧米や中国同様にSUVシフトが進んでいるとはいえ、ミニバンの存在感が大きいという状況に変わりはない。そんななか、日本よりもアメリカで大きく育った日本車にはどんなものがあるのか、そのいくつかをご紹介しよう。

 まずは、シビックだ。周知のとおり、ホンダがグローバルで一流自動車メーカーとして認知されるきっかけとなったのは、1972年登場の初代シビックのアメリカ市場での好意的な受け止めだ。

 それから時は50年近く流れ、日本でも11代目シビックがハッチバックとして登場し、2022年のタイプR登場を待ち望む声が大きい。

 一方、2020年度の販売台数で見ると、日本の8800台に対して、アメリカはなんとその約30倍の25万3000台も売れている。

 アメリカでは80年代以降、C/Dセグメントセダンが市場の中心で、その中での王道といえばホンダはシビックとアコード、そしてトヨタはカローラとカムリだ。こうしたセダンモデルが年間30万台前後も売れ続けてきたのがアメリカ市場の特徴である。とくに、シビックについては、日本国内発売が一時中断していることもあり、アメリカで育ち続けている日本車の代表格と言えるだろう。

日本との文化の違いなどがクルマの成長に大きく寄与する結果に

 次に、スープラだ。そもそも、スープラという名称は北米市場を念頭に置いた、セリカXXの輸出モデル名として採用された。

 その後、90年代末に米西海岸で勃発した日系チューニングカーブームの折も、80スープラは上級チューニングカーとして活躍した。対抗馬としては、三菱3000GT VR-4(GTO)がいた。

 そうした80〜90年代のスープラ支持の流れを汲むトレンドをベースに、気楽に楽しめるスポーツカーとして企画されたのが86だ。開発担当者は、2000年代に入って日系チューニングカーブームが下火になったとはいえ、地道にトヨタ系チューニングカーを愛する人たちとの意見交換を地道に続けてながら、86の開発構想を練った。さらに、そうしたアメリカでの調査がその後、新型スープラ企画開発に結びつく。

 そして、レガシィアウトバックだ。そもそも、アウトバックとはオーストラリア中央部の広大な地域を指す。そのため、90年代にアメリカでアウトバックという名称で登場した際、テレビCMには、オーストラリアの田舎からニューヨークに来て大暴れするというコメディ映画「クロコダイルダンディ」に主演したオーストラリア人の俳優が登場した。当時、アメリカのクルマのテレビCMにタレントが登場するケースは稀で、大きな話題となったことを思い出す。

 その後、2000年代中盤からスバルが打ち出したアメリカシフトが大成功を収め、スバルの販売台数が急激に上昇していく。その中でも、アウトバックは常に中心的な役割を果たした。

 直近では、2019年のニューヨークモーターショーでワールドプレミアし、北米市場で先行発売されたきた。それから遅れること2年半、日本にもレガシィアウトバックとしてフルモデルチェンジすることが決まった。

 このほか、アメリカには各種SUV、ピックアップトラック、そしてインフィニティやアキュラといったプレミアムブランドなど、アメリカ育ちで日本未上陸の日本車はかなりの数に達する。