パワーアップして軽くなって軽自動車のケータハムが帰ってきた! 志向の異なる2タイプをラインアップしてセブン170販売開始

この記事をまとめると

■セブン170は、ケータハムモデルレンジでもっとも軽量な660ccエンジン搭載の軽自動車

■193馬力によりスリリングなドライブフィールを実現

■ロード志向のSモデルとサーキット思考のRモデルを用意

史上最強の軽自動車ケータハム・セブン170が誕生!

 英国ケータハムカーズは、2021年9月23日にケータハム史上最軽量の量産車であるセブン170を発表した。

 セブン170は、2014年12月に発売されて大成功を収めたセブン160の後継モデルで、日本の軽自動車の規格に準拠していることでも大いに話題になった。セブン170は、現在生産されているケータハムブランドの最軽量モデルであるだけでなく、1470mmという全幅は現行販売モデルよりも105mmも狭く、最小のセブンとなっている

 セブン170では、初期セブンのパイオニア精神を忠実に守り、「簡素化と軽量化」を実現するため、セブン170の車両重量はわずか440kg。スズキ製660ccターボチャージャー付きエンジンは62.6kW(85馬力)のパワーと116Nm(11.8kgf/m)のトルクを発生し、パワーウエイトレシオは193馬力/t。155/65R14のタイヤとライブリアアクスルサスペンションが組み合わされる。

 簡素化と軽量化は動力性能にも大きく貢献。0-100km加速はわずか6.9秒、最高速度は160km超となっている。それだけでなく、ULEZとEuro 6の両方に適合したケータハムモデル史上もっとも環境に優しいモデルのひとつになっているのもセブン170の特徴だ。

ロード志向のSとサーキット志向のRを用意

 そしてセブン170は、セブン160にはなかったいくつかの新機能である新しいアロイホイール/リアLEDライト/新ストライプデザインが含まれ、ロード志向のSとサーキット志向のRのふたつのモデルを用意した。

 170Sはロード志向のドライバー向けたモデルで、5速ギアボックス、ロードサスペンションパック、14インチJunoシルバーアロイ&ポリッシュドリップ +Avon ZT7タイヤ、フルウインドスクリーン・ソフトトップ&ドア(エアロスクリーンは付属しません)、ブラックレザーシート、Momoステアリングホイールが標準装備となる。

 一方170Rは、セブン160では選択できなかった追加バリエーションで、5速ギアボックス、スポーツサスペンションパック、14インチJunoブラックアロイ&ポリッシュドリップ+Avon ZT7タイヤ、コンポジットレースシート、4点式レースハーネス(車載)、LSD、Momoステアリングホイール、カーボンダッシュボードが標準装備となる。

 両グレードの価格は、セブン170Sが539万円、セブン170Rが561万円となる。

 軽自動車登録が可能で維持費の面でもアドバンテージがある上、シンプルで軽量な車体によるシャープな走りも楽しめるケータハム・セブン170。クルマ好きなら乗ってみたくなったのではないだろうか。