ランボルギーニのSUVは「ウルス」が最初じゃない! 「LM002」と「チータ」という「衝撃作」2台の中身

この記事をまとめると

■ランボルギーニはかつてアメリカ陸軍用車両としてオフローダーの「チータ」を開発

■軍用プロトタイプの「チータ」をベースに4台のLMシリーズ(LM001〜004)を製作

■最終的に市販化まで辿り着いたのは5.2リッターV12を搭載するLM002のみだった

軍用プロトタイプの「チータ」と民生用の「LM」シリーズ

 2018年にデビューして以来、爆発的な人気を誇り、ランボルギーニの生産台数を一気に倍増させるまでに至ったウルス。ランボルギーニはそれをSUVではなくスーパースポーツSUV、すなわちSSUVと呼ぶが、たしかにその圧倒的な運動性能は魅力的なことこのうえない。

 だが、このウルスをさかのぼること約40年、ランボルギーニはさらに機動性を重視したオフロードビークル、しかもアメリカ陸軍にそれを納入しようとした。それはMTI(モビリティ・テクノロジー・インターナショナル)社からの依頼による、当時のランボルギーニとしてはきわめて大きなビジネスだった。

 そのプロトタイプは「チータ」とネーミングされ、1977年のジュネーブ・ショーでおもに整備性の問題をクリアするために、クライスラー製のV型8気筒エンジンをミッドシップして発表されたが、結局それは他社との競合により、正式に陸軍に採用されることはなかった。

 軍用車としての正式採用を目指してわずかに1台のみが製作されて終わったプロトタイプ。ランボルギーニの経営が、ここでどのような道を歩むのかは想像に難くない。それでもランボルギーニは、このチータをベースに、今度は民生用のオフロードビークルを生産しようと計画するが、それが発表されるまでには、長い時間とさまざまなプロトタイプの存在があった。

 1981年にはアメリカン・モーターズ(AMC)製の5.9リッターV型8気筒をミッドシップした「LM001」を、また1982年にはランボルギーニ製の4リッターV型12気筒エンジンをやはりミッドシップした「LMA」を発表するが、いずれも販売には至らなかった。

 ほかにもLMシリーズには、VW製の3.6リッターターボ・ディーゼルエンジンを搭載した「LM003」や、マリン用のランボルギーニ製エンジンを流用した「LM004」が存在するが、これらもその製品化には成功していない。

カウンタックのV12を搭載するスーパースポーツSUVの誕生

 最終的に、ランボルギーニが市場へと送り出すことに成功したオフロードビークルは、1981年に発表されていたLM002をベースとした「LM002」のみだった。LM002の構造は、鋼管スペースフレームを基本構造体に、FRP製のボディパネル、アルミニウム製のドアを組み合わせたもの。

 エンジンは当時ランボルギーニがカウンタック5000クワトロバルボーレで使用していた5.2リッターのV型12気筒で、これをフロントに搭載。

 最高出力は450馬力。このパワーで2.7トンにも達するボディを200km/h以上まで加速することができた。LM002もまた、SSUVそのものであったのだ。

 軍用車であったチータと比較すると、LM002のキャビンは実に豪華なフィニッシュだ。

 キャビンの後方にはラゲッジデッキが設けられ、フロントフェンダーの三角形のアウトレットはウルスにも継承されていることは一目瞭然。

 ランボルギーニ製SSUVの歴史は、幻と消えた1台のプロトタイプ、チータに始まり、LM002を経て、今ウルスで全盛の時代を迎えているのである。