「とりあえず」SUV化はいまに始まった話じゃない! 「ダダ滑り」もあった過去の派生SUV車4台

この記事をまとめると

◼︎昔から普通車をSUV風にするのはよくあることだった

◼︎意欲的なモデルもあり、成功しているモデルも多い

◼︎人気モデルはモデルチェンジ後も設定され、現在も売れ行きが好調だ

密かに人気な派生SUVを振り返る

 未だに留まることを知らないクロスオーバーSUVブーム。ついにあのカローラにまでカローラクロスというクロスオーバーSUVが設定され、来るところまで来た感もある。

 しかし、じつは過去にも普通車をベースとしたクロスオーバーSUVは複数誕生しており、スマッシュヒットを記録したものもあれば、そこまで人気にならなかった不遇のモデルも存在している。今回はそんな過去にリリースされた派生SUV車を振り返ってみたい

1)トヨタ・カローラフィールダー クロスフィールダー

 カローラクロスが話題となっている現在だが、実は先代モデルのカローラフィールダーにもクロスオーバーSUV風のスタイルを纏った”クロスフィールダー”という仕様が設定されていた。

 といっても、厳密にはカタロググレードではなく、トヨタモデリスタインターナショナルがリリースしたコンプリートカーであり、樹脂製のオーバーフェンダーや専用意匠の前後パンパ―、アルミホイールなどを装着してSUVテイストを強めたものだった。

 ちなみにこのシリーズとしては他に”クロススタイル”という名前でプリウスα、ヴィッツ、アクアにも設定されていた。

2)ミニ クロスオーバー

 BMWグループとなったミニの第2世代モデルに追加された、その名もズバリ「ミニクロスオーバー」もミニをベースとしたクロスオーバーSUVと言えるだろう。

 ただ、通常のミニをSUVテイストにしただけのモデルではなく、BMWミニシリーズ初の4ドアボディを持ち、3ナンバーサイズとなった専用ボディを持ったものとなっていた。

 この変更は、ミニは欲しいけど3ドアでは使い勝手が……と考えていたユーザーに大いに受け、一躍ミニシリーズの人気モデルとなり、3世代目となった現行型でもその人気はまったく衰えていない。

 ちなみに1959年に登場したミニにもオフロード走行を主眼とした派生車種として「ミニ モーク」というモデルが存在していたが、こちらは軍用車として開発されたものの、最低地上高の低さや出力の貧弱さによって民生用になったものだった。

個性的すぎて迷車になった派生SUVと大ウケした派生SUV

3)スバル インプレッサ グラベルEX

 1995年10月にリリースされた「グラベルEX」は、インプレッサスポーツワゴンのターボモデルをベースに、高められた車高や背面スペアタイヤ、フロントのカンガルーバーなどをプラスし、SUV(というよりも当時のクロカン車)のテイストをプラスしたモデル。

 このベースとなったのは、北米市場でリリースされていた「インプレッサ アウトバックスポーツ」であり、レガシィのアウトバック(当時の日本向けはグランドワゴン名義)と同じく、より走破性を高めたアクティブなモデルだった。

 ただ、アウトバックスポーツにはカンガルーバーや背面スペアタイヤは備わっておらず、これはグラベルEXのみの意匠となっていたが、あまりにとって付けた感が強すぎたのか、日本での販売台数はおよそ1300台に留まってしまった。

4)フォルクスワーゲン クロスポロ

 フォルクスワーゲンのコンパクトカーであるポロは、ゴルフよりも小さいボディサイズによって日本の道路事情にもマッチしていることで人気の高い1台だ。そんなポロの4代目モデルに設定されたのが、最低地上高を上げ、ルーフレールを装着することでクロスオーバーSUVテイストをプラスした「クロスポロ」だった。

 このクロスポロは本格的なSUV性能ではなく、あくまでスタイルを重要視したモデルとなっており、駆動方式は仕向地に関わらず前輪駆動のみとなっていた。その一方でボディカラーにはオレンジやライムグリーンといった鮮やかな色をラインアップし、カジュアルでアクティブに使えるモデルというキャラクターとなっていたのだ。

 そのため、足もとには大径の17インチホイールが収まり、悪路走行とは無縁の組み合わせとなっていたが、SUV”テイスト”を求める層にスマッシュヒットとなり、続く5代目ポロでも継続設定されるほどだった。