トヨタだからこそできる強みを生かす! カーボンニュートラルを目指した電池作りと今後のビジョンを発表

この記事をまとめると

◼︎試算ではHEV3台のCO2削減効果は、BEV1台とほぼ同等

◼︎BEV26万台分の電池で550万台分のCO2削減を進めてきた計算になる

◼︎新型の電動車「bZ4X」を2022年中に投入する予定だ

トヨタ独自の強みを生かして独自のカーボンニュートラルを目指す

 トヨタには、GRヤリスやスープラ、GR86などのスポーツカーが目立つ一方で、多くの車種にハイブリッドが設定されているのは承知の通りだ。

 そんなトヨタが、9月7日に「今後の電池・カーボンニュートラル」に関する説明会を開催し、以下のように述べた。

「世界では、CO2濃度は産業革命以降、増加し続けており、人類が排出するCO2排出量をトータルで削減することに、もはや一刻の猶予なく、自動車産業で言えば、電動化を進める事は、カーボンニュートラルに近づくための効果的な方法のひとつで、たとえば我々の試算ではHEV3台のCO2削減効果は、BEV1台とほぼ同等という結果が出ている。しかし、現時点では比較的HEVの方が安価に提供できるので再生可能エネルギーがこれから普及していく地域ではHEVを活用した電動化などもCO2削減に効果的だと思われます。一方で再生可能エネルギーが豊富な地域ではBEVやFCEVなどのZEV(ゼロエミッションヴィークル)の普及がより効果的だと考えています」と語った。

 欧州が進めるBHV化の流れはもちろん良い取り組みではあるが、CO2排出量のことを考えると、トヨタが得意としてきた従来のHEVの方が効果が高いと言えるとのこと。

 また、以下のようにも述べている。

「トヨタは1997年に初代プリウスを導入以降、性能向上もはかりつつ、PHEV、FCEV、BEVを投入してきた。その中でHEVは累計1810万台ほど販売してきている。先ほども申した通り、HEV3台分のCO2排出量削減効果がBEV1台分に匹敵するので、これまで販売したHEVは、約550万台のBEVと同等と言える。今まで作ったHEV用電池の量は、約26万台のBEVに搭載する電池と同じです。つまり、BEV26万台分の電池で550万台分のCO2削減を進めてきたと言える」

 もちろん、どのパワーユニットも決してダメなわけでなく、各ユニットそれぞれの長所があるので、トヨタでは、今後もPHEV、FCEV、BEVの開発、製造に注力していくとのことだ。

話題の新型EVも来年販売予定!

 トヨタでは、各電動車のパワーユニットに使用されるパワーソースを「HEVは出力型、いいかえると瞬発力を重視し、PHEV・BEVは容量型(持久力)」を重視して開発しているという。

 今年発表した、新型アクアに搭載されている瞬発力を重視したバイポーラ型ニッケル水素電池も今後搭載車種を拡大する予定とのことで、PHEV・BEV用のリチウムイオン電池は、今までもコストと持久力の両立をはかっており、今後も継続的に改良させていく意欲を今回の会見で発表した。

 2020年代後半には、さらに進化させた新型リチウムイオン電池を市場に送り出すべく、新型バッテリーの開発を進めている。

 また、トヨタが電動車に関して大事にしていることも以下のように説明している。

「トヨタが最も大事にしていること、それはお客様に安心して使っていただくということで、安全・長寿命・高品質・良品廉価・高性能という5つの要素をいかに高次元でバランスさせるかということを重視している。例えば、長寿命化は車両残価にも影響するので、航続距離を考えればエネルギー密度の高さという高性能も必要だ。充電速度は速くしたいですが、速くしすぎても安全性に影響するので、それぞれの要素のバランスをとる事が、安心に使っていただくために重要だと考えている。この考え方は初代プリウスに電池を搭載した時から変わらず電動車両すべての電池に共通の考え方で、これまでHEV用電池で培ってきた技術を、これからのBEV用電池にも活かすことで安心して使っていただける電池をお届けします」と、今後のバッテリー製造に掛ける意気込みと目標も今回の会見で発表した。

 ちなみに、今年7月に発表した新型アクアに採用したバイポーラ型ニッケル水素電池は、豊田自動織機と共同開発を行い、バイポーラ構造にチャレンジし、駆動用車載電池として実用化したというトヨタの意欲作だ。このバッテリーは、旧型アクアに搭載した電池と比較しても出力密度は2倍に向上し、パワフルな加速感を得られるようになっているのが特徴で、今後のトヨタの電動車開発で欠かせない存在となりそうだ。

 なお、次世代BEV用の電池としては、1996年に発売したRAV4 EV以降、培ってきたBEVの技術やHEVで培った電池・電動車両の最新の技術をトヨタbZ4Xに織り込み、2022年中に投入するという発表も行われたのでこちらも注目だ。

 トヨタでは、今後も多くの関連会社やグループ企業と提携して、バッテリーの開発や研究を進めていくという。