単なるアメリカ版の導入じゃない! 新型レガシィ アウトバックの国内仕様に開発陣が込めた日本のファンに贈る魂

この記事をまとめると

■新型スバル・レガシィ アウトバックの日本仕様が発表となった

■日本仕様向けに工夫された点も多く存在

■開発陣に聞いたクルマづくりへのこだわりをリリースと併せて解説する

1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボを搭載

 SUBARUは、2021年10月7日に新型レガシィ アウトバック(日本仕様)を発表した。

 メディア向けのオンライン取材会にて、以下開発メンバーの方にお話を聞くことができたので、リリースの内容と併せてお伝えしたい。
・村田 誠さん(商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー)
・小野寺 圭さん( 商品企画本部 企画&総合安全性能)
・田中 繁さん(商品企画本部 デザイン部)
・宇津木 芳明さん(技術本部 ボディー設計部)
・高原 省吾さん(技術本部 ボディー設計部)
・前田 普之介さん(技術本部ADAS開発部)

 エンジンは、低回転域から力強いトルクを発生させる1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボを搭載。日本仕様のみがこのエンジンを採用している。

 その理由は日本の道路環境を考慮して、燃費とストレスのない動力性能を両立するエンジンを選んだとのこと。レヴォーグ、フォレスターにも同エンジンが設定されているが、1600回転から300N・mのトルクが発生するといった特性が日本では乗りやすいのだそうだ。

 ほかにも北米仕様、欧州仕様に対し、日本仕様にのみ与えられた特性が挙げられる。

 電動パワーステアリングは、日本では外乱による修正操舵が少ないことを考慮した上で、いざドライバーが操作をした時はより一体感が出るような操舵力に設定されているという。

 足まわりについても、フリーウェイを想定している北米市場、アウトバーンを想定している欧州市場に対して、使用する車速域が異なる日本での走り方に応じたダンパーセッティングが施されている。

 具体的には乗り心地のゴツゴツ感を低減するために圧縮方向の減衰力を北米仕様、欧州仕様に対して低くし、その分のフワフワする部分を改善するために伸び方向の減衰力を高くしているとのことだ。

 なおレヴォーグ、フォレスターの1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンとは、ハードは同じだが、ソフト面ではスロットル開度などの変更によって、アウトバック専用のセッテイングにしているとのこと。CVTはタイヤ径のなどの違いを考慮し、ファイナルギヤ比が異なる。

 またスバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造等による車体剛性の最適化で、動的質感と衝突安全性能を大幅に向上させた。

「アイサイトX」を全車標準装備!

 スバル車のなかでフラッグシップモデルと言われて久しいレガシィだが、その名にふさわしい静粛性を得るための部品の使用や補強も施されている。

 たとえば、エンジンルーム内の吸遮音材に部品を追加したり、トランスミッションまわりのインシュレーターには、他車種のものに対して補強がなされている。床まわりに設定されるサイレンサーには、他車種よりもインシュレーターの塗布範囲が拡大されているとのことだ。

 先進安全装備は、「新世代アイサイト」や、3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を全車標準装備。

 エクステリアは、スピード感のあるシルエットに、厚みや力強さを強調したボディパネルと、一体感を増したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさが表現されている。

 ボディサイズに関しては全長1875mmと、従来型と比べて大きくなっているものの、運転席からの視界、見切りを良くしているため、従来型に近い感覚で運転できるとのこと。

 ボディカラーは新たに設定された「ブリリアントブロンズ・メタリック」、「オータムグリーン・メタリック」 、「サファイアブルー・パール」を含む、全9色展開だ。

 インテリアは、乗る人すべてがゆったりくつろげる居心地の良い室内空間によって、レガシィ アウトバックらしさを表現。またハーマンカードンサウンドシステム や本革シート(ナッパレザー)を採用することで、フラッグシップモデルとしての上質感が演出されている。大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターも採用。

 価格はLimited EXが390万円、X―BREAK EXが414万7000円(税込み)となっている。

 レガシィがフラッグシップモデルであり続けるための、クルマづくりへの情熱を窺い知ることができた。

 <SUBARUオフィシャルWebサイト 新型レガシィ アウトバック>