エンジン車の根絶が「正解」は視野が狭すぎる! EV化以外にもあるクルマの進む道

この記事をまとめると

■電力を主に火力発電に頼っている日本の現状では地球環境にプラスになるとは言いきれない

■仮に全ての交通手段を止めてもCO2排出量は2割程度しか減少しないとも言われている

■内燃機関の一縷の望みは水素を燃料とする水素エンジン車しかない

EVへの転換がこそ環境に良いとは言いきれない日本の事情

 あまり政治にまつわる話はしたくないのだが、一度は触れないわけにもいかないだろう。自動車を電動化して、内燃機関を将来的に廃止していくのが正義とでもいわんばかりの風潮に辟易としているからだ。

 電動化にもHV(ハイブリッド)やPHEV(プラグインハイブリッド)、EV(電気自動車)とさまざまあるが、今は内燃機関をミックスしたパワートレインはすべて廃止するという方向の議論が進んでいる。

 自動車をEV化すると環境にやさしく、地球温暖化に歯止めがかかるかのような論調にはまったく賛同できない。確かに街中を走行する自動車がすべてEVになれば、その地域の大気汚染物質排出は減少し環境には優しいといえる。だが、EVに充電する電力を主に火力発電に頼っている日本の現状では、地球環境にとってプラスになるとは言えないのは明らかだ。加えてEVを開発し、設備投資して工場を整備し、実験を繰り返し商品化して販売。充電インフラを整えるために至る所に給電設備を整備していくとなれば、それらの作業に際して発生する二酸化炭素の排出量も相当なものになってしまう。

 火力発電だけでなく、太陽光や風力などでは当然追いつかず、EVを走らせるために原子力発電所の稼働再開を優先させるような事態となったら本末転倒も甚だしい。

 原子力に頼って万が一にも3.11のような災害が起これば、地球規模で取り返しのつかない状況に陥るし、そうでなくても使用済核燃料ゴミの処分や再処理についても狭い日本、自然災害の多い地質学的環境から原子力に頼るべきではない。

 そもそも地球の温暖化は自動車の排出する二酸化炭素だけが原因ではない。航空機や船舶、あらゆる交通手段で発生し、また戦争や紛争地帯、動植物の呼吸でも排出されている。あらゆる交通手段を一斉に止めても二酸化炭素の排出量は2割程度しか減少しないという試算を公表している科学者もいる。

 植林して緑地帯を増やしても、昼間は光合成により酸素が産生されるが、夜間は二酸化炭素が排出される。また、地球の内部から噴出している二酸化炭素も相応にあるらしく、人類だけが二酸化炭素排出を完全に止めても、地球の温暖化は若干その進行を緩めこそすれ、止まりはしない。すでに温暖化にもイナーシャ(慣性)が大きく働いてしまっているのだ。

 EVだ電動化だと騒ぎたて、電動化技術やインフラ整備が投資や投機の対象と化し、利権がからみ、政治問題にも発展している現状をみれば、この問題は自動車の電動化だけで収まる話ではないのだ。

新燃料への適合化に取り組むメーカーにこそ投資する価値がある

 このおかしな流れの一番の被害者になっているのが、我々ガソリンエンジンによる自動車をこよなく愛する者たちであると言っても過言ではないだろう。

 自動車メーカーは売れるクルマをラインアップしなければ成り立たず、各国が電動化を法規的に押し付ければ適合させていくしかない。

 現在の流れのままで押し流されれば、ガソリン自動車に未来はない。ガソリンエンジン搭載車を残していても、国策でガソリン燃料に多大な税金がかけられ、ガソリンスタンドの規制が強化されて街中からスタンドが姿を消して給油できなくなれば、もうガソリン自動車を動かすことは出来なくなってしまう。

 そこで一縷の望みを託せるのが水素エンジン車だ。最近はトヨタ自動車がカローラ・スポーツをベースに水素エンジン搭載のレースカーを仕立て、耐久レース中心に実験参加し話題となっている。

 水素エンジンは水素燃料電池車(FCV)と大きく異なる。水素燃料電池は水素と酸素を結合する燃料電池スタックで発電し、その電力で電動モーターを駆動する。パワートレインはEVと同じだ。しかし、水素エンジンはガソリンエンジンほぼそのままで、燃料をガソリンから水素に置き換え、エンジンのシリンダー内で水素を燃焼させた爆発エネルギーを動力とする。ドライブフィールはガソリンエンジン車と変わらず、多くの部品もそのまま活用できる。

 ボクが卒業した武蔵工業大学(現東京都市大学)は、水素エンジンの開発に1970年代から取り組んでいた。担当教授で後に学長となった故・古濱庄一氏は、水素エンジンの世界ではその名を知らぬ人はいないと言われていた。

 BMWは20年以上前の2000年代にV型12気筒エンジンを改良し、水素でもガソリンでも走る「バイフューエル燃料車」を開発して実走試験を重ねていた。水素はエネルギー密度が低く長距離を走れないので、市街地は水素エンジンとして走り、長距離はスイッチひとつでガソリン車に切り替えるという手法を取っていた。

 水素エンジン稼働時に排出されるのは水蒸気のみ。大気に含まれる窒素の影響で窒素酸化物(NOx)がわずかに排出されるのが唯一の有害物質と言われたが、現代の触媒式排出ガス浄化技術があれば大きな問題ではないはず。

 水素の他にもミドリムシから抽出した油を燃料とするバイオ燃料など、内燃機関を活かせる新燃料技術もすでにある。

 内燃機関に未来はないと言い切る前に、現在のガソリンエンジン車を新燃料に適合化する取り組みをする企業、メーカーにこそ投資する価値があると思えるのだ。