ダイハツエンジンを積んだスズキ車! ヨーロッパ産エンジンのアメ車! じつは「ライバル」の心臓だったクルマたち

この記事をまとめると

■小規模なメーカーを中心に他社製量産ユニットを搭載するスポーツカーがけっこうある

■イギリスのレーシングカーやスペシャリストの間では他社製エンジンの採用は一般的

■日本でも軽自動車やスポーツカー、レーシングカーで同様の手法がとられたことがある

他社製エンジンの搭載はイギリスでは昔から一般的な手法だった

 日本のクルマは基本的に、ボディとエンジンは同じメーカーで作っている。英語表記が「●●MOTOR」となっている会社が多いことからも、自分でエンジンを作るのが当然という雰囲気だ。でも海外メーカーでは、そうではないクルマがけっこうある。

 特にスポーツカーやレーシングカーのスペシャリストは、小規模の組織でエンジンまで開発するのは難しいことから、他社製の量産ユニットを使うことが多い。

 たとえばF1では、今年10のコンストラクターが参戦しているが、エンジンを供給しているのは4メーカーで、ホンダはコンストラクターでの参戦ではないから、3分の2以上はシャシーとエンジンが違うことになる。

 イギリス生まれのレーシングカーやスポーツカーは、むしろこの方式が一般的だ。現在もロータスがトヨタ、ケータハムがスズキなどのエンジンを積んでいるが、少し前にはマクラーレンF1にBMWのV12なんていう組み合わせもあった。

 そんなイギリスでかつて重宝されたのがローバーのV8。レンジローバーなど自分たちの車両に採用されただけでなく、同じグループのMG、スポーツカースペシャリストのTVRやマーコスなどに積まれた。

単独でのエンジン開発が難しいときにタッグが生まれる

 イタリアではフェラーリのディーノV6を思い出す。こちらは当時のF2のレギュレーションで、量産ユニットの使用が義務付けられたことからフィアットと手を結び、同じエンジンをフェラーリとフィアットのスポーツカーに積んだ。

 排気量は当初は2リッターだったが、その後2.4リッターに拡大され、WRCで連戦連勝を重ねたランチア・ストラトスにも搭載された。この一件だけが理由ではないと思うが、フェラーリのロードカー部門とランチアはこの時期フィアット・グループ入りしている。

 大トルクを発しつつタフで扱いやすいアメリカンV8を積んだスポーツカーやラグジュアリーカーも多かった。最近映画にもなったシェルビーアメリカンのコブラ、イタリアンスーパーカーのデ・トマソ・パンテーラなどが有名だ。

 プジョーとルノー、ボルボが共同開発したV6も忘れられない。小排気量車が中心だったフランス2メーカーと、単独ではエンジン開発が難しかった北欧メーカーがタッグを組んだもので、なぜかイタリアのランチア・テーマにも積まれたほか、デロリアンDMC-12の心臓にもなった。

 日本勢同士の実例もある。1970年代に排出ガス規制が始まった頃、2ストロークエンジン中心だったスズキがダイハツの4ストロークを一時的に積んで規制をクリアしたことがあったし、1980〜90年代にはマツダのオートザム・キャロルやAZ-1にスズキのエンジンが積まれた。

 さらに少量がイギリスで生産されたトミーカイラZZ、オートバックスが自社開発してスーパーGTに参戦したガライヤは、どちらも日産の2リッターエンジンを積んでいる。やはりスポーツカーをゼロからすべて作るのは大変なようだ。