イジったお金も合わせたら新車のポルシェ買えたじゃん! それでもクルマ好きが大枚を叩いて愛車を「チューニング」するワケ

この記事をまとめると

■好きなクルマを買って速さのために大金を使ってチューニングする人は多い

■トータルの金額でみれば最初から速い高額車が買えるケースも多数

■それでもチューニングを行う人の心理を解説する

気がつけば高額車が買えるほどの大枚を叩いていることも

 スポーツカーを買って、さらに何百万もかけてチューニングする。そんなお金があったら、最初からもう1ランク速いクルマを買えばいいのでは、と思うかもしれないが、それではクルマ好き、チューニング好きの心は満たされない。

 チューニングのココロは、速いクルマをより速く、あるいは車格が上のクルマと対等以上の走りを目指す、そして他人とは違う自分だけのクルマを作る、こういったところに集約されているからだ。

 たとえば、量産車最速といわれる1000馬力のフェラーリSF90ストラダーレ アセット・フィオラノのオーナーなら、さらにチューニングしたいという人は稀だろうし、そもそも街のチューニングショップにSF90のチューニングを依頼する人はまずいない。存在自体が特別で、パフォーマンスも他車と比較するようなクルマではないからだ。

 ところが、8月に完売となった「NISSAN GT-R NISMO」2022年モデルは、必ずチューニングするオーナーがいる。600馬力のパワーは変わらなくても、各部の進歩でGT-R史上最速のパフォーマンスは補償されているが、それでもフルノーマルで乗る人は意外に少なく、シートやホイール、吸排気系、コンピュータなどに手を入れる人は、一定数いるはずだ。

 車体価格が2400万円以上でも関係ない。速いGT-Rをもっと速くしたい。300台超で予約を打ちきったといっても、他人と同じクルマでは面白くない、と思う人はチューニングせずにはいられないのだ。86/BRZやGRヤリス、ロードスターやスイフトスポーツだって根っこは同じ。

速いクルマではなく好きなクルマが速いことが嬉しいのだ!

 まず、同じ車種の中で、速い、カッコいいと言われたいし、さらに小さなクルマで大きなクルマに勝つというのはロマンがある。ノーマルではかなわない車体や排気量が大きいクルマに、チューニングで一泡吹かせることができたら快感だ。

 スポーツカー好きは、速いクルマなら何でも好きというわけではなく、まず好きなクルマがあって、その好きなクルマをより速く、そして自分流に仕上げたいという思いが強く、それがチューニングに走らせる一番の動機になっている。

 したがって、たとえ車体の購入価格以上にチューニング費用をかけたとしても、間尺が合わないことはなく、より価値の高まった、世界に一台の愛車として満足できるかどうかが重要なのだ。