Jeepやランドローバーにも2WDは存在! 改めて見るとスバルの4WD比率が圧巻だった

この記事をまとめると

■スバルはほとんどの車種で四駆しか設定がない

■四駆の名門であるランドローバーにもFFモデルは存在しており、JeepでもFFモデルがある

■世界的に見てもスバルの四駆率は極めて高いと言える

スバルの4WD比率は圧倒的

 今どきは電子制御によってトラクションを確保し、またハンドリング性能を高めることができるため駆動方式についてこだわる必要はないという意見もあるが、ハンドリングにこだわるのであれば後輪駆動が優れていると主張することは間違いではないだろうし、悪路走破性を考えれば四輪駆動が有利なのも間違いないだろう。

 そう考えると、クロスオーバーSUVムーブメントが盛り上がるにつれて、スバルのクルマが人気を高めているのは当然と思える。同社のコア・テクノロジーであるシンメトリカルAWDは、単なる四輪駆動ではない。物理的なバランスにも優れたパワートレインとなっているからだ。

 もっとも、シンメトリカルAWDのメカニズムは前輪駆動用に生まれた水平対向エンジンと縦置きトランスミッションというパワートレインを利用したもので、もともと四輪駆動用に生まれたものではなかったりするのだが、だからこそ前輪駆動が持つパッケージングの優位性もあわせ持つのだろう。

 そんなわけで、スバルのクルマはシンメトリカルAWDが主流で、軽自動車などのOEM供給車を除くと、なんと98%が四輪駆動なのだという(グローバル販売ベース)。

 たしかに、国内向けのラインアップを見ても、二輪駆動なのはインプレッサの1.6リッターのグレードと、後輪駆動のスポーツカーBRZくらいしかない。スバル・ユーザーは積極的に四輪駆動を選んでいるというより、そもそも二輪駆動をほとんど売っていないのだから、販売の大半が四輪駆動になるというのは当たり前の話ともいえる。

 では、そんなスバルを超える四駆比率のメーカーはあるのだろうか。

「砂漠のロールスロイス」を有するメーカーにもじつはFFがある

 たとえば、先ごろフルモデルチェンジを発表したばかりのレンジローバーを擁するランドローバー・ブランドのラインアップを見ると、少なくとも日本向けについては全車が四輪駆動となっている。グローバルに見ても、レンジローバー・イヴォークに前輪駆動グレードが用意されている程度なので、スバルと同等レベルの四駆比率に仕上がっているといえる。

 ただし、ランドローバーというのはブランドであって、企業としてはジャガーランドローバーである。ジャガーのセダンを中心に二輪駆動がそれなりに存在していることを考えると、企業単体で見たときの四駆比率でいうとスバルにはまったく敵わないだろう。

 ランドローバーと並んで、クロカン四駆の伝統的なブランドであるジープにしても同様だ。日本向けラインナップを見ると、ラングラー、チェロキー、グランドチェロキーといったモデルについては四輪駆動の設定しかないが、コンパクトクラスのレネゲードやコンパスには前輪駆動グレードが用意されている。100%四輪駆動というわけではないのだ。

 そもそもジープというのは、単独のメーカーではなく、現在は米仏伊の企業が合体したステランティスの中にあるブランドのひとつに過ぎない。そう考えると、OEM供給車は除くという条件付であっても、単独企業として98%の四輪駆動比率を誇るスバルは、まさに特別な存在といえる。

 そんなスバルは、はたして電動化時代にあっても、四輪駆動というブランドのアイデンティティを守り続けていくのかどうか。少なくとも、トヨタと共同開発している電気自動車「ソルテラ」については前後にモーターを配した四輪駆動になるということがアナウンスされている。